まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
岸本貴史

職場を「人生を豊かにする場」に変えるプロ

岸本貴史(きしもとたかし)

トラスト・パートナーズ社労士事務所

岸本貴史プロのご紹介

人生を豊かにする職場づくりを支援します(2/3)

「理想の職場を実現するために」

就業規則は経営者の思いを伝えるツール

 就業規則には、労働時間などあらゆる労働条件が詰まっています。規則をつくり、従業員に周知徹底することで、労働環境や規律が整っていきます。「就業規則が企業の風土の基礎になるわけです。今まで何社も担当してきましたが、就業規則を有効に使えていない企業が多く残念に思っています」と岸本さん。
 
 就業規則の作成に関しても、岸本さんは苦言を呈します。インターネット上のひな型をそのまま使っているケースも多いようですが、企業の実態に即さず、逆にリスクになっている可能性もあります。例えば、多すぎる有休や実現できない報奨制度です。また、単なる監督署対策、解雇対策のためだけのものになっていないでしょうか。岸本さんは、「使われない」「読まれない」無駄な就業規則の現実から脱却し、理想の職場を実現するために有効利用できるよう、経営者と一緒に模索したいと考えています。

 「就業規則の役割は、職場のルールブックであること。さらに本質は、経営者の思いと従業員に求める行動をダイレクトに伝えるツールであることです。就業規則で経営者の思いや要求を明確にし、労使のすれ違いを解消すれば好循環が生まれ、会社の利益アップに必ずつながります」と岸本さん。また、就業規則の見直しや改正を定期的に行うことによって、おのずと問題点や改善点が浮かび上がり、経営者の気づきにもなると言います。

岸本貴史プロのその他のコンテンツ

Share

岸本貴史プロのその他のコンテンツ