まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
岸本貴史

職場を「人生を豊かにする場」に変えるプロ

岸本貴史(きしもとたかし)

トラスト・パートナーズ社労士事務所

コラム

働きがいについてのワークショップ

働き方

2018年2月13日 / 2018年2月14日更新

先日、中小企業経営者の方数名の「自社の働きがい」についてお聞きする機会がありました。

まず、話題に上がったのは、働きがい向上のための各社の取り組みについてです。資格取得の支援や労使間・部門間・社員間のコミュニケーションの活性化など、様々な意見が飛び交いました。そんな中、特に頭を悩まされていたのは、働きがいに大きく影響する「給与体系」についてでした。

例えば、
「給与の高さを理由に入社した社員は、また別の給与の高い会社へ転職するのでは?」
「評価制度を導入した場合、評価への不満をどう解消する?」
「会社のお金の流れを社員にもオープンにして利益構造を理解してもらうことで、社員もより積極的に仕事に取り組むのでは?」
など白熱した議論が交わされました。

また、
「たとえ給与が高くなくても、自分のやった仕事に対して感謝してもらえるなら仕事のやりがいを感じてもらえる」
「会社のミッションに共感し、誇り高い仕事をしているという認識をもってもらえれば社員はやめない」
など、給与以外でやりがいを感じてもらった方がいいという意見も出ました。

要約すると、
①会社の業績に連動して給与もアップする体制の整備
②給与以外の理念、やりがい、働きやすさなどの自社独自の魅力の見える化
が効果的なのでは?ということに。

みなさんはどう思われますでしょうか?

是非、みなさんの職場の働きがいも考えてみてくださいね(^^)

ー お知らせ ー

人事の専門誌で連載された
「魅力ある職場環境の作り方」を
今だけ無料で公開中!
詳しくはこちら

社員の頑張りと業績を連動させる
「好循環組織づくり実践セミナー」
次回10月17日開催予定

この記事を書いたプロ

岸本貴史

岸本貴史(きしもとたかし)

岸本貴史プロのその他のコンテンツ

Share

岸本貴史プロのその他のコンテンツ