まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
岸本貴史

職場を「人生を豊かにする場」に変えるプロ

岸本貴史(きしもとたかし)

トラスト・パートナーズ社労士事務所

コラム

採用で失敗しないために最低限やっておきたいことは?

人材確保・育成

2017年2月10日 / 2018年3月21日更新

最近、採用に関するご相談が、
とても多くなっています。

課題としては大きく2つ、
①入口の課題 どうすれば応募してきてくれますか?など
②選別の課題 どうすればいい人材を見極められますか?など

どちらの課題を解決するためにも、様々な方法論はありますが、
外せない重要なポイントが1つあります。

“どんな人を採用したいですか?”

こうお尋ねすると、
「一生懸命働いてくれる人」「真面目で素直な人」
とよく答えられます。

しかし、履歴書や面接だけで、
一生懸命働いてくれるか、真面目で素直か、
を判断するのは容易ではありません。

しかも、担当する業務により、
求められる一生懸命さや真面目さも微妙に変化しますよね。

もう一歩踏み込んで、
希望する人材のイメージづくりをしておきましょう。

【採用前にやっておきたいこと】
STEP① 担当業務の明確化
 採用した人に何をやってもらう?
STEP② 採用する人材のイメージづくり
 STEP①の業務に適した人材はどんな人?
STEP③ 面接で聞くこと・伝えることの整理
 STEP①②を考慮した上での効果的な質問と
 採用後のギャップ予防のための自社の魅力と課題の整理

採用の失敗は、経営者にも労働者にも望ましくありません。

リスクを減らすために、
採用前にできること、採用後にできること、
はたくさんあります。

今日お伝えした取り組みは、
慣れてくれば短時間でできますので、
採用前に是非取り組んでみてくださいね。

■あわせて読みたい記事
 ⇒ お金をかけずに応募を増やす方法とは?

■その他の参考記事
 ⇒ 『人材確保・育成』に関する記事一覧

■直接聞きたい方は、
 ⇒ お問い合わせフォームへ

※お電話でのご相談も受け付けております。
 ⇒ 072-355-9514 までお気軽にどうぞ!

【6/27開催】
『経営における「ヒト」と「お金」の不安解消セミナー』
➢詳細へ

【限定公開中】
専門誌で連載していていた職場環境づくりの記事を、
無料で公開しております。
➢詳細へ

この記事を書いたプロ

岸本貴史

岸本貴史(きしもとたかし)

岸本貴史プロのその他のコンテンツ

Share

岸本貴史プロのその他のコンテンツ