まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
田原稔久

快適で長持ちする住宅建設のプロ

田原稔久(たはらとしひさ)

田原建設株式会社

お電話での
お問い合わせ
072-851-7500

田原稔久プロのご紹介

2世帯が快適に暮らせる長期優良住宅をつくります(2/3)

長期優良住宅は税制、資産評価の面でも有利です

建築基準法の1.5倍の「耐震等級3」を採用しています

 長期優良住宅促進法が施行され、講習を受けた田原さんは「新世代ハウスと共通する部分も多く、私のめざしていた方向性と一致し、目標がはっきりした」と、それ以来全棟を長期優良住宅で建てています。
 長期優良住宅の認定基準は▽劣化対策。数代にわたり使用できる構造躯体(くたい=構造の強度に関わる基礎、柱、はり、耐力壁など)▽耐震性▽維持管理・更新の容易性▽ライフスタイルの変化に応じて変更が可能な可変性▽省エネルギー性▽バリアフリー性▽維持保全計画の策定▽住戸面積▽居住環境――の9つの観点をクリアしなければなりません。
 認定されれば、固定資産税や住宅ローンが減税されるうえ、ローンの金利も引き下げられるなどの特典があります。省エネで光熱費も抑えられます。2、3世代にわたって住め、2世帯住宅にも適しており、長い目で見れば格段と安くなります。転勤したり、介護付きの高齢者住宅に転居したりして、マイホームを貸す場合にも、長期優良住宅は「移住・住みかえ支援適合住宅制度」を活用することができ、資産的な面でも評価されています。
 長期優良住宅の認定基準は建築基準法レベルの1.25倍の地震でも倒壊しない耐震等級2ですが、田原建設はそれを上回る耐震等級3(1.5倍)を導入。ゆったりとした居住空間を確保するため、メーターモジュール設計という新しい規格も採り入れています。通常の日本建築では柱の間隔は3尺(0.91m)ですが、メーターモジュールは1メートルで、スペースに広がりができて、バリアフリー性も向上します。

田原稔久プロのその他のコンテンツ

Share

田原稔久プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-851-7500

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

田原稔久

田原建設株式会社

担当田原稔久(たはらとしひさ)

地図・アクセス

田原稔久プロのその他のコンテンツ