まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
川口重行

まじめな家づくりアドバイスのプロ

川口重行(かわぐちしげゆき)

一級建築士事務所 株式会社木の家ソーラーコム

お電話での
お問い合わせ
0120-678-813

川口重行プロのコラム一覧:おすすめの断熱材

一般的に、断熱材の効果は「素材の熱伝導率の低さ」と「どれだけ高気密の空間が作れるか」によって決まります。しかし、高気密の空間を作るのは、最終的にその素材を扱う施工業者です。つまり、素材だけでは断熱材の効果は計れないということです。逆に言えば、「正しい断熱材を選ぶ」...

ウールブレスと呼ばれる断熱材は羊毛からできており、優れた調湿作用と水をはじく性能があることから、「一定の湿度を保ちつつ、水に濡れてもすぐに乾く」という特徴があり、非常に壁内結露に強い素材と言われています。また羊毛は通常の環境では「腐らない」と言われています。その...

セルロースファイバーは、古新聞など古紙からできた木質繊維で作られた断熱材です。防音、調湿作用に優れ、壁内結露を起こす心配が少ない、また人にも環境にも優しい素材だと言われています。国内では、広く普及しているわけではないため、専門の機械やシートを自前で所有している業者が少...

発泡ウレタンは、グラスウールのような繊維を用いたタイプの断熱材ではなく、空気を閉じ込めた気泡によって断熱を行うタイプの素材です。グラスウールに比べて高価ですが、高い断熱性を持っており、また吹き付けタイプの工事などを行うことによって、家の形状を問わず高断熱、高気密を実現...

グラスウールという断熱材は、文字通りガラスからできていますが、他の断熱材と比べてコストが格段に安くよく使われてきました。一方で、ネットなどではアスベストとの混同・誤解なども含めて「健康に被害を及ぼす断熱材」という意見もよく見られます。まず、グラスウール自体には毒性...

断熱材とひと口に言ってもさまざまな種類があります。主な断熱材といえば「グラスウール」や「ロックウール」でしょう。これらの断熱材は普及していますが、化学物質を含むだけでなく湿気に弱いという特徴があります。これに対し「ウールブレス」は天然素材で速乾性に優れた断熱材。木の家を検討す...

住まいの断熱工法は「外張断熱工法」と「充填断熱工法」の2種類に大別されます。外張断熱工法は、簡単に言うと断熱材で家を外側から包む方法です。充填断熱工法は、壁の内側に断熱材を施す方法です。木の家の断熱は断熱工法を取り入れるだけでなく、間取りやインテリアを有効活用するこ...

川口重行プロのその他のコンテンツ

Share

川口重行のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2015-04-02
twitter
Twitter
2018-04-03
facebook
Facebook