まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
川口重行

まじめな家づくりアドバイスのプロ

川口重行(かわぐちしげゆき)

一級建築士事務所 株式会社木の家ソーラーコム

お電話での
お問い合わせ
0120-678-813

川口重行プロのコラム一覧:シックハウス・健康住宅

高気密高断熱の住宅でも結露は起こり得ます。それを防ぐための第一歩は換気です。住まいにおける高気密とは、「家を密閉して、内外の空気の通り道を遮断する」ことではなく、決められた空気の通り道以外からの空気の出入りを防ぐことで、「換気をしっかりとコントロールする」ことです。...

ビニールクロスと呼ばれる壁紙は、日本では壁紙のおよそ95%のシェアを占めるとも言われています。しかし、発がん性物質やホルムアルデヒド、環境ホルモンなど、さまざまな健康被害を引き起こす物質を含んでいることがあるほか、化学接着剤を使用して施行を行うので、揮発性の化学物質にも注...

結露は温度差があれば、季節に関係なく発生します。目に見える結露を「表面結露」、目に見えない結露を「内部結露」と言います。そして、壁の中で起こる結露を「壁内結露」と呼びます。壁内結露は目に見えないため、通常、被害が現れるまで「確認のしようがない」ことが非常に厄介です。...

「シロアリ対策の薬剤は安全なのか」という疑問に答えるために、防蟻剤の歴史を紐解いてみると、有名な殺虫剤・DDTなどをはじめ、いくつもの薬剤が人体に対する安全性の面から禁止になってきたことがわかります。しかし、DDTが現在でも使用されている国があるなど「どこまでが安全か」という基...

シックハウス症候群の元凶はホルムアルデヒドほか、有害な化学物質です。こうした化学物質を含まない無垢材で住宅を建築することが、シックハウス症候群対策には効果的です。とはいえ、無垢材を扱う業者は少なく、専門知識が必要なため、どうすべきか悩んでいる方もいるでしょう。その場合は...

平成15年の建築基準法の改正により、シックハウス症候群対策として、換気設備設置が義務付けられました。これにより24時間換気システムなどが導入されたものの、室内が寒くなるなどさまざまな弊害が出てきました。この問題を解消するのが「OMソーラー」です。太陽熱を活用した新しい換気シ...

改正建築基準法により、シックハウス症候群対策が明確化されました。主な内容は「内装仕上げの制限」「換気設備設置の義務付け」「天井裏などの制限」です。この規制を受ける居室は、寝室、子供部屋、キッチン、書斎などです。つまり、浴室やトイレなどは規制対象外となります。こうした場所...

シックハウス症候群の症例が増えるなか、国土交通省は建築基準法を改正し、シックハウス症候群の原因物質であるクロルピリホリスやホルムアルデヒドの使用規制を打ち出しました。クロルピリホリスは使用禁止になり、ホルムアルデヒドも「内装仕上げの制限」を受けることになりました。「F...

子供は化学物質にとても敏感です。子供は大人の二倍の化学物質を吸収すると言われ、シックハウス症候群を発症すると重症化するケースもあります。主な症状は目のかゆみや鼻水、頭痛などです。これらの症状が出ると、学校生活や家庭生活支障を来すこともあります。予防するには、無垢材や天然...

シックハウス症候群を引き起こす原因物質は「VOC(揮発性有機化合物)」です。合板やバーティクルボードなどの建材には、ホルムアルデヒドなどのVOCが含まれており、シックハウス症候群の原因になります。シックハウス症候群を予防するなら、無垢材や天然素材もしくは天然塗料で加工された建材を...

建材には、シックハウス症候群を引き起こすさまざまな化学物質が含まれている可能性があります。ホルムアルデヒドやアセトアルデヒドはその一例です。合板やバーティクルボードなど身近な建材では、多量の接着剤が用いられ、メラミンなどの有害物質がシックハウス症候群の元となります。建...

有害物質に敏感だと言われる赤ちゃんや子供ですが、シックハウス症候群を発症するとは限りません。というのも、シックハウス症候群は個人差がとても大きい病気だからです。しかし、新築住宅で育てることに不安はつきまといます。換気や観葉植物の配置など人工的でない手法を取り、有害物質の軽...

シックハウス症候群の発症元であるホルムアルデヒドは、一定年度経過すると飛散すると言われています。そのため、中古物件ならシックハウス症候群になる心配はないという声も聞こえてきます。しかし、一概にはそうと言えません。というのも、平成17年以前の物件には、有害物質を含む建材...

新築住宅でよく問題となるのは「シックハウス症候群」。ホルムアルデヒドほか、建材に含まれるアレルギー物質によるアレルギー症状の一種です。対策法は、換気や空気清浄機の利用などさまざまなものがありますが、どれも抜本的な対策ではありません。やはり、アレルギー物質を発する建材の除...

木の家ソーラーコムの本部であるOMソーラーでPM2.5の計測実験が行われました。大変参考になるので、工務店ソーラーコムからもアップすることにしました。空気中に浮遊している2.5um以下の小微粒子を指して呼ばれることの多いPM2.5。遠い所から流れてくるイメージがあ...

川口重行プロのその他のコンテンツ

Share