まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
川口重行

まじめな家づくりアドバイスのプロ

川口重行(かわぐちしげゆき)

一級建築士事務所 株式会社木の家ソーラーコム

お電話での
お問い合わせ
0120-678-813

コラム

光と風、子育て間取りプランの家づくりストーリー

家づくりストーリー

2017年8月7日 / 2018年3月12日更新

私たちの家づくりは、住まい手のお施主様と一緒につくる家をモットーにしていますが、
その為になるべきことを幾つか決めさせていただいています。

一つは、自分の手で切り取った樹木を自分の家づくりの木材に使う神事「伐採祈願祭ツアー」
もう一つは、家づくりの想いを書き綴っていただき、これから家づくりを始められる方へ
経験談をお伝えしていただく「家づくりストーリー」

今日のコラムは、9月に完成となられる枚方市のH様の家づくりストーリーをご紹介したいと思います。

家づくりを考え始めてから、もう直ぐ完成となる現在までの想いをぜひ参考にして下さい。

---------------------------------------------------------------------------------------

家づくりを始めるための理由は揃っていた

結婚当初から、2人ともマイホームを夢見ていました。お互いに転勤がないこと、家賃がムダだと感じていたこと、今の住まいに不満があったこと…などが理由で、家づくりのことを本格的に考えはじめました。
いつまでに建てたい、という希望はなく、いい土地が見つかれば動こうかと話していました。

工務店を決める

当初は、ハウスメーカーも考えていました。しかし、住宅展示場や知人の話を聞いて、地域密着型の工務店に魅力を感じはじめました。そこで、インターネットで何社からも資料を取り寄せたり、実際に話を聞いたりするうちに、「木造住宅がいいなぁ~」と思うようになりました。木造住宅に絞り込んで工務店を探し出した頃に見つけたのが木の家ソーラーコムでした。家づくりセミナーを開催していると知り、まずは参加してみることに。
そこで木の家ソーラーコムの家づくりの理念に共感し、そして、契約するかどうかも分からないうちから、土地探しに熱心に協力してくれたKさんの人柄に魅せられ、木の家ソーラーコムに家づくりをお願いしようかと考えるようになりました。

そして始まった土地探し

最初は、知識もないまま、大手と言われる不動産屋さんを何件か回り、土地を探しはじめました。しかし、なかなか理想的な土地が見つかりませんでした。
気持ちばかりが焦ってしまい、あまり条件の良くない土地に決めてしまいそうになったこともありました。そんな時に、Kさんに相談に乗っていただき、購入を踏みとどまることができました。その後は、Kさんに何度も土地を見に行ってもらったり、アドバイスをもらったり、とても心強い気持ちで土地探しを進めることができました。
今回の物件に出会えたのも、Kさんのご紹介だったので、本当に感謝しています。

家族みんなのいい思い出ができたこと

木の家ソーラーコムさんが長年取り組んでいる、自分の家に使う木材を家族みんなで採りに行く伐採ツアーでは、実際に自然の中で生きている木に触れ、その命をいただいて我が家ができていくんだということを実感することができ、この経験は他では得るとこができない感動でした。
また、我が家のために、森林組合さんをはじめ、たくさんの方々が関わってくださっていること、その丁寧な仕事ぶりを知ることができ、安心してお任せできると思いました。

どんな家にするのか、よりもどんな暮らしにしたいのか

設計で一番重視したことは「家族が集まれる空間をつくる」ことでした。個々で過ごす空間よりも、家族みんなで過ごす空間を大きくすることで、家族のコミュニケーションがとれて、絆が深まると考えているからです。
家の中心であるリビング・ダイニングに小上り和室を加えた空間が、家族だんらんの場所となるよう設計をお願いしました。
家族みんなで過ごす場所を大事にする一方で、子供たちには、自立した大人になってほしいという想いから、子供たちにとっては居心地の悪い(自室に篭もれないようにするなど)間取りを残してほしいとの要望も出させていただきました。

家の値段だけではわからない、生涯の暮らしの中で得られる物を大切にした

知人の不動産屋さんに私たちの家の見積書を見せる機会がありました。実はその時、「木造住宅はもっと安く建てられる、他の業者にしてもいいんじゃないか?」と言われたんです。しかし、Kさんをはじめ、木の家ソーラーコムの家づくりの熱意や、まるで自分の家を建てるかのように熱心に提案をしてくれる設計担当のIさんの姿を見て、「家づくりをお願いするのは木の家ソーラーコムに」と決心しました。それでも予算はありますので、少しでも抑えられるようにと知恵を絞っています。

工事の始まりを実感した出来事

はじめての地鎮祭や上棟式、何もわからないところを一つ一つ丁寧に教えていただき、無事に執り行うことができました。地鎮祭では、両家揃って参加してもらえたことが、家族みんなが我が家の完成を心待ちにしてくれているのだと感じることができ嬉しかったです。
家づくりの節目を終えるごとに我が家の完成に実感が湧いてきました。現場に立てられている看板に「施主様 ○○様」という文字をはじめて目にした時には、感激してバッチリ記念写真にもおさめてしまいました!

ここは子育てハウス。同年代の設計士さんから受けた提案

私たちの理想の家づくりのため、細かい箇所にまで様々な提案をしていただきました。今まで「ふわっとした」イメージしかなかった我が家の理想が、木の家ソーラーコムの皆さんのおかげで、「こんな家にしたい!」という形が明確になっていきました。
それがどのように実現するのか、完成がとても楽しみです。設計担当のIさんには、優柔不断な私たちのわがままにも付き合っていただき、プロならではの発想と、子育て世代だからこそのアイディアもたくさんいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
大工さんも猛暑の中、丁寧に仕事をしてくださっていて大変ありがたかったです。

完成間近のマイホーム…建ててからも続く関係に安心

9月末に完成の我が家ですが、不動産屋さんと土地を契約したあの日から、自分の家を持てることがとても楽しみでした。木の家ソーラーコムとの打合せも残り少なくなると、完成が近づいているんだなぁと実感が湧いてきました。早く完成した家で、ゆっくりとした時間をすごしたいです。
家づくりセミナーに参加してから、土地探しなど色々なことでお世話になり、Kさん、Iさんをはじめ、木の家ソーラーコムの皆さんには大変感謝しています。
完成後も、引き続きどうぞよろしくお願いします!

---------------------------------------------------------------------------------------

住宅展示場では絶対に教えてくれない「家づくり計画セミナー」はこちら

☞セミナー詳細はこちらから

この記事を書いたプロ

川口重行

川口重行(かわぐちしげゆき)

川口重行プロのその他のコンテンツ

Share