まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
川口重行

まじめな家づくりアドバイスのプロ

川口重行(かわぐちしげゆき)

一級建築士事務所 株式会社木の家ソーラーコム

お電話での
お問い合わせ
0120-678-813

コラム

お客様からの家具と建て替えについてのご質問とそのお答え。

木の家

2014年11月25日 / 2016年10月26日更新

【お客様からのご質問メール】

 先日は遅くまでお時間をいただき、誠にありがとうございました。
 お陰様で余計なオプションを省くことができ、数十万の節約となりました。
 また採寸にもご協力いただき、本当に助かりました。

 ① 「中堅どころの家具店なら大丈夫」との事でしたが、
   カリモク以外に御存知でしたら
   ご推薦下さいますようお願い致します。
   衣類収納用の引き出し式タンスを探しています。

 ② 夫からの質問です。
   お時間のある時に宜しくお願い致します。

     家を建てるにあたり構造に関して、
     ・土台無しで柱勝ち(基礎の上に金物を使用して柱を直接立てる)の構法が可能ですか。
     ・外壁の杉板張りは可能ですか。デメリットは何がありますか。
     ・内装も調湿機能の観点から杉板張りにしたいのですが、節や圧迫感が気になります。
      代案として何があるでしょうか。

 以上、お忙しいところ申し訳ありませんが、何卒宜しくお願い申し上げます。










【お答えメール】

ソーラーコムの川口でございます。
お世話になっております。

ご質問についてお答えさせて頂きます。

家具店の方ですが、分かる範囲でピックアップしてみました。

大阪市内西区の堀江に家具屋さんが沢山あります。
ここは昔から家具の街堀江として栄えた街ですので、ここから一店舗を絞り込むのはいかがでしょうか。以前私がお付き合いをさせていただいてた家具屋さんはもう店仕舞いしていますので、今はどの家具屋さんが良いかはよくわからないのですが、、、。

同じ様に、枚方にも家具屋さんが集まっている「枚方家具団地」があります。同じ様にその中から一店舗を絞ってはいかがでしょうか。
その中のひとつに天然木一枚板のテーブルや椅子を中心の木の家具専門店「da BOSCO」という家具屋さんがあります。ソーラーコムもこちらとコラボレーション出来ればと密かに思っている所です。こちらはお近くの箕面市にもお店がありますが、引き出し式タンスがあるかは確認できておりません。また無垢材なのでお値段もそれなりに高くなるのではないかと思います。

大阪市内に無垢材の家具を中心にしているところで「飛騨産業」があります。こちらはよく耳にするお店です。やはりお値段は高めかと思います。

また、どの程度のグレードなのかは分かりませんがアウトレットのお店が、「カリモク」は茨木に、「オノエ家具」は箕面市にある様です。一度あたってみても良いかと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

それから、ご主人様のご質問の方に移りますと。

◆土台無し、柱勝ちの構法について、

伝統工法で石破建て工法と言います。結論から言いますと可能です。ただ申請にかなりの時間がかかります。
現在の建築基準法の基準だけでは建てられないので特殊な構造計算方法の限界耐力計算を行い個別の認定を取得して確認申請許可を取得いたします。勿論できるのですがハードルは高いです。
専門的な説明はお会いしてお話ししたいと思いますが、専門的はせつめいは別にして、本来地震国日本の理にかなった工法であり、三段貫工法と合わせて守られるべき伝統工法です。(寺社仏閣などを見ればわかります。)しかしながら、現在の家づくりは建築基準法の元での許可ですので、一般的には採用しないことが多いです。私は伝統工法が好きでいつかは石破建てが出来ればと昔から勉強していました。

◆外壁の杉板張りについて、

22条地域か準防火地域かによって変わりますが、可能です。
デメリットは地域にもよりますが、表面の杉板仕上げの価格とは別に下地が変わってきますのでどうしても価格が高くつきます。
メンテナンスについても気になるところですが、焼き杉板ではなくウエスタンレッドシダーの板張りでも良いかと思います。現在弊社では外部に使用する木材は主としてウエスタンレッドシダーを採用しております。勿論お客様のご要望で他の木材を使用する場合もございます。

◆内装も調湿効果の観点から杉板張り、でも節・圧迫感が気になる。代案は何が、、、について。

調湿効果を考えると、杉板張りの代わりには薩摩中霧島壁の厚塗り工法をお勧めします。一般的な珪藻土壁は薄くしか塗りませんので、最大限の調湿効果を期待されるのであれば、あまりお勧めできません。杉板の節が気になる場合は、節の無い無節材となりますが、価格が上がりますので、小節または上小節(節が小さいもの・少ないものを言います)の白太の部分だけを使ってはいかがでしょうか。ある程度価格を押さえられます。杉板でも赤身に比べて白太の方が柔らかい分、調湿効果もアップします。
あとは使い方だと思います。視線のある(近い)ところは気になるところかと思いますので、目線から下は無節または小節・白太として、目線から上は薩摩中霧島壁塗りとかはいかがでしょうか。

長文になってしまいましたが、この様なお返事でいかがでしょうか。
よろしければ、ご都合の良い時に石破建て工法の説明にも上がらせていただきますので日時をご指定くださいませ。私も楽しみですので、、、。


 

住宅展示場では絶対に教えてくれない「家づくり計画セミナー」はこちら

☞セミナー詳細はこちらから

この記事を書いたプロ

川口重行

川口重行(かわぐちしげゆき)

川口重行プロのその他のコンテンツ

Share

川口重行のソーシャルメディア

youtube
YouTube
2015-04-02
twitter
Twitter
2018-04-03
facebook
Facebook