まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
津田美智子

筋肉をつなぎ体の芯をつくる健康体操のプロ

津田美智子(つだみちこ)

芯体操自然整体研究所

お電話での
お問い合わせ
090-5903-8913

コラム

 強いからだになりたい!

芯体操

2017年7月22日

 
 強いからだというとみなさんはきっと、筋肉を鍛えて、良く歩いて筋トレをするというイメージではありませんか?確かにそんな方は、元気、元気に毎日を送っていらっしゃるのでしようね!

 でも、私から見れば、重力をしっかり受けて、硬くなった筋肉で生きているように見える方が多いような気がします。筋肉を無くしてガラス細工のようになった私のからだは、からだの芯がなければとても歩けませんし、筋トレをするとぺしゃんこにつぶれてしまいそうです。

 そんな中で、無くなって縮んだ筋肉を少しずつゆるめ、伸ばし歩けるようになった体験は、どうしたら縮めないでからだをしなやかに動かせるかということを教えてくれました。

 筋力を試すような、身体測定はもう少し、方向性を考える必要があるのではないかと思っています。筋肉隆々でなくても、病気もせず、飄々(ひょうひょう)と生きている方とお会いするとほっとします。しなやかでからだに癖がない方の方が健康である場合が多いように思います。

 ゆがめて、固めた筋肉は循環が悪く、病気を持っている方が意外に多いようです。同じストレッチでも、感じ方で運動としての機能が随分違います。芯体操の運動は、そういう意味では常識的な運動とは違うことが多々あります。

 そこがとてもおもしろくて、夢中になってしまいます。腹筋や、骨盤のゆがみ、猫背などの矯正が正確であるかは、私には直ぐに分かります。その違いを意識せずでは運動の効果がありません。そんな反対の感じ方が、人の生き死にまで影響を与えるとしたら、知らずでは済まないことになります。

 そこの違いをクリアすれば、からだはもっとしなやかで、中心があればこんなに強いことはありません。中心(芯)があれば、今の痛さやしんどさが、少しずつ改善され、楽になります。そのもっとも大きな問題は、お腹を使っているようで使っていない現実です。使っていると思い込んでいる方が多いです。

 腰と胸を使って腹筋をする方が多いのです。腰を反らないで丸くする。胸を出している方が多いのですが腹式呼吸で、お腹と胸は吐く時にへこませるのです。体幹を正しく使って、本当の強いからだを目指してくださいね!

津田美智子の芯体操

この記事を書いたプロ

津田美智子

津田美智子(つだみちこ)

津田美智子プロのその他のコンテンツ

Share

津田美智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-5903-8913

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津田美智子

芯体操自然整体研究所

担当津田美智子(つだみちこ)

地図・アクセス

津田美智子のソーシャルメディア

google-plus
google-plus