まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
津田美智子

筋肉をつなぎ体の芯をつくる健康体操のプロ

津田美智子(つだみちこ)

芯体操自然整体研究所

お電話での
お問い合わせ
090-5903-8913

コラム

 やっぱり伯母さんも逝ってしまいました!

芯体操

2012年4月15日


 昨日、ご葬儀に行ってきました。この1週間の間に母は、兄と姉2人に先立たれたことになりました。92歳と91歳でしたから、長寿なのですが88歳の母の心中を察すると言葉もありません。次は自分なんて思わないで、もっと元気でいて欲しいと願わずにはおれません。

 母の生家は滋賀県の石部というところですが、東海道五十三次の宿場町にあたります。古くからあるお茶屋さんの末っ子に生まれ、随分可愛がられて育ったようです。小学校の夏休みには、よく遊びに行ってお茶の香り漂う庭で、走り回っていたのを思い出します。その前の道を、真直ぐ歩いていくと叔母さんの家がありましたので、母の実家(両親は早くに亡くなっています)と、伯母さんの家を行ったり来たりしていました。

ですから、大勢のいとこたちと久しぶりに会っても違和感なく親しく話すことが出来ました。これも母たちがいつまでも、交流を大切にしていてくれていたからだと思います。91歳というのに、大勢の方に見送られてあの世に旅立った伯母さんの人生は素晴らしいなと感動を覚えました。

都会で忘れられがちな人と人との繋がりを感じ、心温まるご葬儀でありました。特に、お寺の御坊様の手厚い読経とお話は、故人を失った悲しみがこちらにまで伝わってきて、伯母さんのお寺に対する信心までが手に取るように感じられました。きっと色々なことがあった人生、しかしその終末に生きた結果がでるのだとしたら、おろそかには生きられないなと教えられた一日でした。

母は、父の葬儀でも泣かずに気丈に生きていました。人には「亡くなってほっとしている。」「全然さびしくありません。」などというもので、相手の方が驚いたりしていたのですがこれも年齢のせいで、無感動、無表情になったりしてくるのかなという思いもありました。ころころ言うことが変わったりもしていたのですが、伯母さんの病(父と同じ肺がんでした)が発症した最近にも2人で温泉に行ったりしていましたので、やはり辛かったのでしょう。声を出して泣きました。

私は心からほっとして、母の心の奥底に触れた気がして嬉しかったのです。考えれば、父亡き後どんなに心の葛藤があったでしょうか。父が強すぎて、自分の思い通りに生きることができなかった母に少しでも青春をあげたいと思った時には、身体が思うように動かなくなってきています。もう10年若かったら、少しは取り戻せたかもしれない。そんなことを考えながら、「生き方」「死に方」を思います。

とにかく元気であること、そのためには筋肉を縮めないこと、細胞を活性し、循環をよくすることなど心と身体のバランスを取り続けることが大切です。
これからも、「芯体操」を通じて、模索していきたいと思っています。

津田美智子の芯体操関連記事はこちら!

この記事を書いたプロ

津田美智子

津田美智子(つだみちこ)

津田美智子プロのその他のコンテンツ

Share

津田美智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-5903-8913

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津田美智子

芯体操自然整体研究所

担当津田美智子(つだみちこ)

地図・アクセス

津田美智子のソーシャルメディア

google-plus
Google+

津田美智子のソーシャルメディア

google-plus
Google+