まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
津田美智子

筋肉をつなぎ体の芯をつくる健康体操のプロ

津田美智子(つだみちこ)

芯体操自然整体研究所

お電話での
お問い合わせ
090-5903-8913

コラム

近頃のお産はどうなっているの?

2011年5月29日 / 2014年5月23日更新

相変わらず、2人の娘たちは病院で安静が続いています。エンちゃんは子宮口が指一本開いてお腹の張りもあるとかで、点滴が続いています。真理子は点滴が取れたものの子宮頚管が40ミリにならないといけないって言われています。もう1ヶ月が過ぎましたが、37週にならないと、もし赤ちゃんが出てきたらリスクが大きいそうなのです。

 それにしても、同時に真理子のお友達も妊娠していたのですが、出産時に陣痛が弱くなりへその緒が首に巻きつき急遽、帝王切開に、もう1人は前置胎盤で出血し早く産んだので赤ちゃんは2ヶ月入院、さらにもう1人は無事出産しましたが、やはり1ヶ月間入院されていたそうです。

 こんなにトラブルが多いなんて考えもしませんでした。先日はお教室の生徒さんの娘さんが双子さんの妊娠中で検診帰りにお教室に寄られて、安静で入院と言われたそうです。一緒に来ていた2歳のお子さんを預かるしかないということで大あわてになりました。

 医療の現場では何が起こっているのでしょうか。昔は今のように検診で状態が詳しく分からなかったこともあって、安静や帝王切開などをする確立も低かったように思うのです。勿論、医学の発達で助かっている命も多いのかもしれませんし、若い人の体力低下も著しいとは思いますが、産科の医師が減っていることを考えるとやはり、出産という命と関わる医師にとって、大事をとることによって責任を回避しようとしているのではないでしょうか。

 また、医師によって判断基準が曖昧であることも、不安の原因となっています。真理子の場合ももう退院してもいいのではと言う方と、まだ安静が必要と言う方に別れています。ベッドに寝たきりでは、筋肉が萎えて2人とも自然分娩が出来るのか、心配です。

 後1ヶ月が勝負ですね!私は病院通いも大変ですが、2人のことを思うとなんとか、深呼吸しながら頑張っています。それにしても、若い人の体は危険信号いっぱいです。足が内股になっている人が多いので、ますます出産は大変になります。「芯体操」で行っている筋肉を繋ぐ整体運動の必要性を感じます。

 骨盤矯正の方法をしっかり伝えていき、未来の人間の体を守りたいと切に思います。

  娘夫婦からのプレゼントブルーベリーです


今日、こんなに色づいています!
  

この記事を書いたプロ

津田美智子

津田美智子(つだみちこ)

津田美智子プロのその他のコンテンツ

Share

津田美智子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-5903-8913

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津田美智子

芯体操自然整体研究所

担当津田美智子(つだみちこ)

地図・アクセス

津田美智子のソーシャルメディア

google-plus
google-plus