マイベストプロ大阪
妹尾拓朗

介護業界出身だから寄り添い力が違う中小企業診断士

妹尾拓朗(せのおたくろう) / 中小企業診断士

エラスティコ中小企業診断士事務所

妹尾拓朗プロのご紹介

あなたに寄り添い未来を拓く経営コンサルタント(1/3)

介護業界出身だから寄り添い力が違う中小企業診断士 	妹尾拓朗さん

けっして意見を押しつけず粘り強く対話を重ねるのが基本姿勢

 日本の企業の99%は中小企業といわれていますが、大企業と比べるとマンパワーも資金も限られており、経営者でありながら現場でバリバリ働くことも珍しくないかと思います。そのために中小企業の経営者に求められるのは、現場的なミクロな視点と、経営的なマクロな視点ですが、忙しい毎日、バランスを保つのは難しい。そんなときに経営の指針を示してくれるのが、中小企業診断士である妹尾拓朗さんの仕事です。

 妹尾さんのコンサルティングの姿勢は、事務所の理念でもある「あなたに寄り添い、未来を拓く」こと。相手に意見を押し付けるのではなく、答えが相手の中にあると信じて、じっくりと粘り強く対話を重ねます。

「お金を払うから、すぐに答えが欲しいという方とは合わないかもしれません。例えば、介護には自立支援という考えがあります。やってあげるだけでなく、できるようになってもらうこと。私のスタンスも同じで、最後はサポートが必要なくなることが一番いいと思います。そのために一緒に考えていける関係を目指すように心がけています」

 妹尾さんのコンサルティングは労働生産性を重視。労働生産性とは、社員1人あたりが生み出す利益のことで、人手不足で悩みがちな中小企業に注目して欲しい指標です。大企業とは違い、中小企業は大量の人を雇って利益を上げることができません。だからこそ1人あたりの利益を上げるのが大切で、そのヒントは職場の人間関係に潜んでいると語る妹尾さん。

Share

妹尾拓朗プロへの
お問い合わせ

妹尾拓朗

エラスティコ中小企業診断士事務所

担当妹尾拓朗(せのおたくろう)

地図・アクセス

妹尾拓朗プロのコンテンツ