マイベストプロ大阪
伊藤研三

学ぶ楽しさに出会える場をプロデュースする専門家

伊藤研三(いとうけんぞう) / 学習塾

伸学塾 晴藍(せいらん)

コラム

成績向上のための10の視点

2021年3月31日

テーマ:学び方革新

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

コラムキーワード: 高校受験 勉強法子育て悩み相談勉強法 おすすめ

このお仕事をさせていただいていると
「どうやったら成績が上がるのですか?」「成績を上げるコツはあるのですか?」…等
と尋ねられることがあります。

そういう時には、これまでの経験も踏まえて、学力向上および自己成長に必要な要素を
下記の10の視点でお伝えしています。パンフレットにも掲載していますが、私は

Keep 10sion(tension)<いつも真剣に>

というキャッチフレーズを掲げ、単に点数での学力向上を目指すのではなく、成長意欲と
達成意欲を刺激していきます。そして一人ひとりのお子様が「自ら夢中でやりぬく」状態
をつくることを重視し、それが結果的には成績向上につながる近道だと考えています。

1.Passion(熱意ありき)
 何よりも熱意を持つこと。最初は成績を上げたいということでかまいません。自分の夢
や目標のためにがんばり抜く強い気持ちを求めます。塾に行ったから成績が上がったので
はなく、塾や我々をしっかり活用して、自分の力で成績を上げるのだ、という強い気持ち
を持ってください。そして最終的には成績を上げることにとどまらず、自分の夢実現や
なりたい自分になること、ありたい自分でいるために、自分の情熱を燃やし続けて下さい。
勉強以外に打ち込んでいることなどにも情熱を注いでください。

2.Administration(己を識れ、相手を識れ)
まず自分のこと(得意科目、不得意科目、性格の強み・弱み、生活習慣の改善点、自分
なりの課題・目標・夢など)をしっかり自分で認識し、そして、受験を始めとするこれ
からクリアすべき課題について、研究・準備をしていきましょう。
今の自分の弱みをしっかり受け入れて、
「○○が駄目だから自分は駄目なんだ」とか「どうせやっても…できない」という考え方
ではなく、今の自分には欠けているだけであることを認識し、それをクリアする思考に
シフトしてください。今できないから、この先ずっとできないわけではありません。
今できないことを認識することによって、これからできるようになる道が開けるのです。

3.Concentration(五感を研ぎ澄ませ)
机の上だけの勉強ではなく、生活全般において何からでも学びとる姿勢を堅持すること。
授業に集中していただくことは勿論ですが、もともと学問は生活の中にあったものを取り
出してきただけですので、生活の中にこそ学ぶべき、感じるべきことはあります。
逆にいえば勉強して知識を得ても、それをしっかり感じたり、知識をもとに考えたりしな
ければ自己の成長につながっていきません。せっかく得た知識や考え方を自分に根付かせ
る意識につなげていきましょう。

4.Observation(目と耳で確認せよ)
何事も鵜呑みにすることの危険性をしっかり認識し、学んだことを常に自分で考え、確認。
時には本当にそうなのだろうか、という思いを持つこと。言いかえると、知識として知って
いることを常に確認する機会を見つけていただきたいと思います。知識を確認していくこと
は高校以降の話にはなってきますが、知識を入れて行く中学までの段階でもその意識を持っ
ていただきたいと思います。

5.Imagination(想像し創造せよ)
知識を知識として終わらせるのではなく、知識が何に繋がっていくのかなどを想像する習慣
を身につけること。高校以降での学問の広がりに繋がります。これは勉強だけでなく、遊び
でもクラブでも人間関係でも同じです。少し自分なりに想像していくことで、あらゆること
が豊かになっていきます。知っていることに満足するのではなく、知っていることを使って
何ができるのか/得られるのかを想像してください。そこから新たなものが創造されます。

6.Execution(遂行せよ)
自分の夢や目標に対して、コツコツと努力すること。具体的には宿題や課題はしっかりやり
抜くこと。そして誰に何かを言われなくとも、自分の課題を自分のものとして認識し、言わ
れるからではなく、自分の課題だから自分がやる、決めたからにはやる、という意識を持っ
てください。コツコツ実行することが、これから先のみなさんの人生の成功の鍵となります。
やり抜くことが最も大事なことです。

7.Assertion(存在価値を示せ)
どういう集団にいても、そこに自分がいることの意味をしっかり見出すこと。縁あってその
場所にいることの意味をしっかり見つけてください。そして、人それぞれの良い点を活かし
てほしいと思います。勉強ができることはその人の一面しか表していません。テストの成績
がいいことで有頂天になることも、テストの成績がよくないから俯くようなことにならない
ようにしてください。

8.Cooperation(周りに温かく)
勉強面の事ではないですが、家のお仕事の手伝いであるとか、困っている友達を手伝うこと
などもしっかりしてほしいと思います。自分ひとりで生きているのではなく、今も保護者の
方々の庇護の下に安心して生活していることに感謝の気持ちを持ち、自分が誰かに役立つこ
とは率先して行動に移してもらいたいと思います。今のあなたにも他の人に役立つことが
できるはずです。人の役に立っているという実感が何より大きな喜びになることを見出して
いってもらいたいと思います。

9.Combination(相乗効果を生み出せ)
集団で勉強することの意味は、他の人からの刺激を受けて、その刺激を自分の成長につなげ
ていくことにあります。良い意味での競争意識や他と比べて自分の課題を発見することにも
つなげてもらいたいと思います。逆にあなたも他の人の刺激になっているはずです。お互い
に切磋琢磨し、磨き合ってください。人は人によって学ぶのです。

10.Evolution(日々進化せよ)
勉強を通して、常に自分が向上していくことを意識すること。日々進化することが最も大切
なことです。その日に学んだことや体験したことを常に自分の糧にしていただきたいと思い
ます。他の人と比べて、他の人が自分より優れていたとしても、それは恥ではありません。
しかし、1年前の自分と比べて、今の自分が優れていないのは立派な恥です。
常に進化・成長し続けましょう!

個人的には、勉強ができる、成績が良いだけが大切なことではなく、上記1~10のことを
しっかりやり抜いてくれることが大切だと考えています。しっかりやり抜いてくれれば、
結果はついてきます。成績を上げることや志望校に合格することが当面の目標になりますが、
それだけでなく、上記の10の視点を常に持ち続けてくれることが、幸せな人生を創り上げる
うえで、必要な【自分を支える自信】と習慣を作り出す源泉だと確信しています。

必要なものは、すべて自分の中にあります。
なりたい自分は自分の中にあります。

いや、自分の中にしかありません。
だから自分で創り上げるのです。

創り上げられる自分を信じてください。
我々は信じています。

またまた長い、硬い文章になってしまいましたが、少しでも何かの足しになれば
幸いに存じます。ここまでお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたプロ

伊藤研三

学ぶ楽しさに出会える場をプロデュースする専門家

伊藤研三(伸学塾 晴藍(せいらん))

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

伊藤研三プロのコンテンツ