マイベストプロ大阪
伊藤研三

学ぶ楽しさに出会える場をプロデュースする専門家

伊藤研三(いとうけんぞう) / 学習塾

伸学塾晴藍

コラム

「ねばならない」から「やってやろう!」へ

2020年12月20日 公開 / 2021年1月16日更新

テーマ:受験生へのエール

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

コラムキーワード: 高校受験 勉強法受験勉強 モチベーション

仕事柄、いろいろな方々から『(受験)勉強の効果や効率を上げることは何ですか?』
と問われることが多いのですが、その答えの一つがこれ。時々に言葉を変えながら伝えます。

「ねばならない」からの脱却

「~しなければならない/仕方がないから~しよう」からの脱却は言うは易く行うは難しで、
最も根本的かつ難易度の高い解決策であるように思っています。これは勉強に限ったことでは
なく、思い起こすと人事担当として研修制度設計した際やもっと単純に大学時代のクラブで
チームを統率していく上でも直面していたことだったようにも思います。

昔風の乱暴な言い方をすると「こちらが頼んでる訳でもないから嫌ならやめていいよ?」
ということ(笑)。今のご時世では不適切だと言われそうですが、根本にあるのは
「自分の責任で将来の設計図を描くこと」=「どうしたいのかを自分で決めること」
に尽きる。

総じて
「やらなあかん」or「やった方がいい」あるいは「義務と捉えるか、権利と捉えるか」
ということが分かれ道かもしれません。突き詰めていくと
「自分で(好きで)やっている奴にはかなわない」ということにつながっていきます。

勉強、特に受験勉強が好きな子はほぼいないですが、中には好きかどうかは別として、
『やらずにはいられない』感じでやっている子もいます。本人の性格的な面もありますが、
ほとんどが後天的な意識や習慣によるもののような気がします。後天的な意識や習慣と
いうと大げさですが、その原点は言葉。使っている言葉とよく聞いている言葉。

よく言われていることですが、例えばよちよち歩きの子供に
「気つけや~コケるで、ほらほらコケんように気つけや~」という言葉を浴びせ続けると
見事に「コケる」。そしてそれを見ていた周囲が「ほら~コケた~」…なんてことが多い。

これを勉強に当てはめると
「勉強せんと将来困るで~、将来困るから勉強しいや~」と言い続けるとどうなるか。
怖い話になりそうです(笑)。言っている側は、親として、大人として、自分の経験として
「勉強ぐらいしといたら良かった…」「今思えば勉強みたいなもん簡単やったのに…」と
いう切実な想いからの言葉なので、誰も責められないですが、だからこそ言葉を変えて
いきたいなあ、と思うのです。マイナス方向への言葉は、
「無意識に反応しやすい≒受け入れやすい≒共感し易い」ので、気づいたときには自分の中
に根付いてしまっている可能性が高く、「できない自分」の答え合わせが始まってしまう
ことがあります。

こういう傾向を感じた子たちには、私はよくテスト当日の心がけについて
「分かろうが分かろまいが、とにかく持っているもので何とかしてしまえ!」
という暴論を振り回すことがあります。持ってないモノへの意識が入り込むと、
「(サボった自分がふっと出てきて)勉強してなかったからなあ、ほら、やっぱりできへん」
と「できない自分の答え合わせ」が始まる。それもマイナスの言葉と意識の弊害。

ならば「できる自分を信じる」「できることを探す意識を持つ」ための言葉をかけ続ける。
「自分を小さくしない!もっと大きい!」「できへんって誰が決めたんや!」
「結果?知るか!まず好きにやったらいい、結果はその次に考えろ!」
「やり方自体がすでに個性。自分流のやり方を創り上げよう!」
「最短コースかどうかは気にするな、ベストの遠回りがある!」…

多少のことでは揺るがない自分を創ることが最優先。そうすることで仮にわからない問題
があっても、焦らず正解する可能性を上げる考動がとれようになっていく。テスト当日は
何でもかんでも難しく見えるもの。「難問は分割せよ」。難しそうに見える問題も分割して
考えると突破口が見える。

例えば、某有名大学付属高校の英語の整序作文問題

Q:東京から仙台までどのくらいあるか知っていますか?
P(思考プロセス)
 ~は知っていますか?  ⇒ Do you know~?
 …は~なのか +知っていますか?  ⇒ Do you know+間接疑問文~?
 どのくらいあるか≒どのくらい距離か(遠いか)  ⇒how far~
 東京から仙台  ⇒ from Tokyo to Sendai
 間接疑問文 ⇒ 疑問詞 + 主語 + 動詞~
A:Do you know how far it is  from Tokyo to Sendai?

受験前になると「今更なあ…」感や「ちょっとでも…」感が出て来ます。そんな時は
暴論、強引、こじつけ、何と言われてもプラス方向への言葉を使って

「こうなったらいいなあ」⇒「こうしたいなあ」⇒「こうしよう」⇒「よし、やってやろう!」

の流れに乗ってほしいなあ、と思っています。
それも自分自身で言葉をつくり、自分自身に言葉を浴びせかけていく。そして奮い立たせていく。
これが理想ですね。

この記事を書いたプロ

伊藤研三

学ぶ楽しさに出会える場をプロデュースする専門家

伊藤研三(伸学塾晴藍)

Share

関連するコラム

コラムのテーマ一覧

伊藤研三プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-845-4570

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

伊藤研三

伸学塾晴藍

担当伊藤研三(いとうけんぞう)

地図・アクセス

伊藤研三のソーシャルメディア

instagram
Instagram
facebook
Facebook

伊藤研三プロのコンテンツ