まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
江幡千登美

収納の悩みまで解消する住まいづくりのプロ

江幡千登美(えばたちとみ)

サンポ建築設計事務所

コラム

今までの中で、一番文句がない家!

ドキドキの1年点検


今回で家を建てるのが4回目というお客様の1年点検でした。

1年点検って、実は緊張するんです。
1年住むと、その家を建ててよかったか、それとも不満があるのかがよくわかります。
その結果、私たちにとって、通信簿をもらいに行くようなものなんです。

しかも、このお客様は4回も家を建てているので、
家を建てるということをよくわかっておられるお客様。
見る目もシビアです。

うち高いですけど、相見積されますか?


うちは収納や使い勝手を強みにしている分、
時間がかかります。
今住んでおられるご自宅の荷物を全て見せていただいて、
採寸等を行い、今の家の不満なども確認します。

プランの作成までにもたくさんの作業を行うので、
どうしても高くなってしまいます。
ですから、お客様には高いことを説明します。

このお客様にも説明を行いました。
すると、
「こっちが言ったことをやってくれるところは、
こっちが間違ってても教えてくれへんから嫌やねん。
使いやすいとか、使いにくいとか、
ちゃんと教えてくれるところがいいから選んでん。」と。

で、相見積もなく、値切り交渉もなく、お引き受けすることに。

という経緯があったので、いつもより、さらに緊張。

リビングもっと広くしたいねん!


お伺いして、お困りの部分がないか、確認したところ、
『困ってるところは特にないわぁ。
ただ、リビングが明るすぎてん(笑)』

ということで、吹き抜けにおしゃれに布を設けておられました。



このリビング、実は北向き!
北向きで明るすぎるって!?
北向きリビングを明るくするために、吹き抜けを設け、
2階から明かりが入るようにしました。
が、予想以上に明るかった。。。

あと、リビング、もっと広くしたい!というのがプラン中のご要望でしたが、
「すいません、これ以上広くすると、敷地から出ます(汗)」
と諦めていただいた部分。
そこも、1年住んでみて確認が必要なところ。

「リビングの広さ大丈夫でしたか?」
「前はもっと広くがいい!って思ってたけど、
子供らも大きくなって、生活の時間もバラバラやし、
親戚も集まることもないから、大丈夫やったわ。」
ほっと、胸をなでおろす内容でした。

部屋干ししたいの~!


私の設計の中で、私がこだわっているところとして、
バルコニーへの動線。
なるべく、廊下からバルコニーに出られるように計画します。
なぜなら、誰かの部屋を通らなければいけないバルコニーは使いにくいから!
全ての部屋がバルコニーに出られる場合は別ですけどね。

ということで、長尾の家も廊下からバルコニーに出られるようにしています。
バルコニーのすぐそばに部屋干しスペースも設けています。
部屋干しと言いながら廊下ですが(笑)



写真を見ると、部屋?と勘違いされるかもしれませんが、
廊下です!

広くとっています。
天井い2本ラインが入っていますが、
これを下すと、部屋干しできちゃうんです。

お客様にはとても気に入っていただいている部分です。

全部の部屋を回りながらお話を伺って、最後に
『今まで建ててきた中で、一番文句がない家やわ!』
と言っていただきました。

設計者冥利に尽きます。

全てのお客様にそう言っていただけるよう、
これからも精進していきたいと思います。

この記事を書いたプロ

江幡千登美

江幡千登美(えばたちとみ)

江幡千登美プロのその他のコンテンツ

Share

江幡千登美プロのその他のコンテンツ