まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
桝田充彦

女性の健康を支えるプロ

桝田充彦(ますだみつひこ)

SALAレディースクリニック

お電話での
お問い合わせ
06-6622-0221

コラム

不正出血が出たり出なかったりする時の病院に行くタイミング

不正性器出血

2017年10月12日


月経周期が、ちょっとしたことで乱れることはよくあります。

「ちょっとおかしいかな?」と心配になった時、受診すべきか我慢すべきか、とても悩まれると思います。月経痛や月経不順、出血量の多い・少ないなどの状態には、放っておいていいものと、悪いものがあります。

また、「病気じゃないし、放っておいていいけど、薬を飲めばずいぶん楽になりますよ」というケースもあります。月経痛は、しんどかったら薬を飲んで治療すればいいと思うのですが…できるだけ薬には頼りたくないという方もたくさんおられるのは確かです。

それでも、「この痛みは病気ではない」と確認できるだけで、痛み自体がずいぶん楽になったと言われる方もいます。もちろん、筋腫や子宮内膜症などの異常ということもあります。さんざん痛みを我慢して、我慢しきれなくなって受診してみたら、卵巣が大きく腫れていた、なんてこともしばしば経験します。

月経不順については、「この治療をすれば、自然に28日周期で月経が来ますよ」とは、なかなかならないのですが、治療した方がいい状態なのかどうかの判断は大事です。逆に放置しておくと、いつの間にか、子宮体がんや不妊症に…という怖いことも起こり得ます。

月経量については、ご自分でも判断がつきかねるところはあると思いますが、昼でも夜用ナプキンが何日も必要だったり、多い日は普通サイズのナプキンじゃ1時間ももたなかったり、健診で貧血だと言われたりしたら、それは多すぎる可能性があります。

やはり筋腫や子宮内膜症が隠れているかもしれませんので、ぜひ婦人科受診をお勧めします。

この記事を書いたプロ

桝田充彦

桝田充彦(ますだみつひこ)

桝田充彦プロのその他のコンテンツ

Share

桝田充彦プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6622-0221

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

桝田充彦

SALAレディースクリニック

担当桝田充彦(ますだみつひこ)

地図・アクセス

桝田充彦プロのその他のコンテンツ