まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
髙野伸一

リスクマネジメントのプロ

髙野伸一(たかのしんいち)

SAKURA AGENCY(サクラ エージェンシー)

コラム

【海外PL・貿易関連レポート】食品・飲食業界はハラル(HALAL)を攻略しよう!

企業の賠償責任保険に特化したSAKURA AGENCYの高野です。
皆様、ハラル(HALAL)はご存じでしょうか?

先日、私のコラム「インドネシアの交通事情を知ろう」で貿易先の注目国としてインドネシアを取り上げました。そのコラムを書いている途中、イスラム圏との貿易で欠かせない「ハラル」をテーマにしなくてはと思い補足の意味でこのテーマを書くことにしました。
私の思いとして、イスラム圏の貿易は勿論ですが、今観光事業も好調ですよね!
円安の影響も手伝って、特にアセアンからも沢山の観光客がこの日本に訪れています。
私としてもアセアンからくる観光客は大歓迎ですし、沢山の日本の良いところを見ていただきたいと思っています。
そんな旅行の楽しみの1つとして「食事」は重要ですよね?これは万国共通の思いですが、皆様も旅先の「食事」で嫌な思いは経験したことないでしょうか?例えば、「期待外れ」だとか「サービスが・・・」とか。
実はアセアンのイスラム教徒の人達はきっとこんな思いになるでしょう・・・・・「期待外れだった」と。
そうイスラム教徒の食事には「ハラル」はとても重要なことなのです。
逆にいえば、「ハラル」を攻略した飲食店や食品会社は大きなチャンスでもあるはずです。
そこに私の期待を込めて、本題のテーマ「ハラル」についてお話しします。

ではハラルについて簡単に述べますと「ハラル」=「健全な商品や活動」のこと全般といえます。
逆に「ノンハラル」、「ハラム」=有害なもの、中毒性のあるものを意味し、イスラム教ではハラル品である正式に認められたものでしか、食べられませんし、飲むことができません。つまり禁止されているのです。
またハラルは食品だけではなく化粧品や医薬品、介護用品、金融など様々なサービスにも適用されます。
代表的な「ハラルとされないもの」(禁止)
・豚肉、血液、お酒などがありますが、その他にも。
・シャリア法に則って食肉処理されていないもの
・かぎ爪や鋭い牙がある動物
・ワニ、亀、蛙など水陸両用の動物
・かぎ爪のある鳥、捕食性のある鳥
・ネズミ、ムカデ、サソリ等の有害生物および類似するその他の動物
・シラミ、ハエ等、不快とみなされる生物

※生命に危険を及ぼす海洋動物、植物から作られた飲料、食品は、シャリア法に則って解毒処理が行われた後にハラルとなります。
一般社団法人ハラル・ジャパン協会より引用

???皆様の正直な感想ではないでしょうか?
私のお店でも「ハラル」規格のものを提供したい!でもどうすればよいのか?。
早い話が「ハラル」を攻略する近道は各団体のいづれかで「ハラル認証」をとることのようです。

関西ではNPO法人 日本ハラル協会
http://www.jhalal.com/
このコラムの引用先は非営利一般社団法人ハラル・ジャパン協会
http://halal.or.jp/

この記事を書いたプロ

髙野伸一

髙野伸一(たかのしんいち)

髙野伸一プロのその他のコンテンツ

Share

髙野伸一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-864-5357

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙野伸一

SAKURA AGENCY(サクラ エージェンシー)

担当髙野伸一(たかのしんいち)

地図・アクセス

髙野伸一プロのその他のコンテンツ