まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
髙野伸一

リスクマネジメントのプロ

髙野伸一(たかのしんいち)

SAKURA AGENCY(サクラ エージェンシー)

コラム

【海外PL・貿易関連レポート】シリーズ1、HACCP導入型

賠償責任保険に特化した代理店SAKURA AGENCYの高野です。

みなさんHACCP(ハサップ)とはご存じでしょうか?
厚生省HPより
Hazard Analysis Critical Control Point
HACCP とは、食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生する恐れのある微生物汚染等の 危害をあらかじめ分析( Hazard Analysis ) し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという 重要管理点( Critical Control Point ) を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生 管理の手法です。

この手法は 国連の国連食糧農業機関( FAO )と世界保健機関( WHO )の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され,各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。

5月12日厚生省は「食品等事業者が実施すべき管理運営基準に関する指針(ガイドライン)」を改正する旨を地方自治体あてに発した。
改正の意図は国内の食品等事業者に対し将来HACCP基準の工程管理の義務化に向けた前段階である。
HACCP導入基準の主な内容は以下のとおり。
・製品についての知識及び専門的な技術を有する者でチームを構成すること。
・製品説明書および製造工程一覧図を作成すること。
・危害要因リストを作成し、特定した重要管理点のモニタリング、記録を行うこと。
・モニタリングにより異常が発生した場合の改善措置を設定し、適切に実施すること。
・製品の危害分析・重要管理方式について、十分な頻度で検証を行うこと。
・上記にあげた内容について記録を作成し、保存すること。

国としてHACCPの義務化と普及を進める方針だが、ではなぜHACCPなのか?。

・HACCPは食品衛生手法として国際基準として地位を確立。
・欧米等ではHACCP導入が進み、貿易上必須になりつつある。
・日本においては中小企業のHACCP導入率は27%

今、従来基準とHACCP導入型基準を選択できるよう国は地方自治体に条例の改正対応を依頼。

ジャパンブランドとして海外進出を目指す中小企業にも今からHACCP導入型を是非取り入れ戦ってほしい!

この記事を書いたプロ

髙野伸一

髙野伸一(たかのしんいち)

髙野伸一プロのその他のコンテンツ

Share

髙野伸一プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-864-5357

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙野伸一

SAKURA AGENCY(サクラ エージェンシー)

担当髙野伸一(たかのしんいち)

地図・アクセス

髙野伸一プロのその他のコンテンツ