まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
佐藤弘和

マンション管理組合サポートのプロ

佐藤弘和(さとうひろかず)

マンション管理士 佐藤不動産顧問

お電話での
お問い合わせ
06-6251-5557

佐藤弘和プロのご紹介

住民の暮らしを見守るマンション管理士(3/3)

広がる管理士の役割

管理組合のよきアドバイザー

 全国のマンションストック数は613万戸(2014年末現在)で1510万人が居住すると言われていますが、老朽化マンションの増加、住民の高齢化、組合役員のなり手不足が課題となり、マンション管理士の役割はますます広がっています。
 「マンションの大規模改修には多額の費用がかかります。なので、マンションの収益性を上げて積立金に組み入れることも考えてみましょう」と佐藤さんは今からの備えを勧めます。
 例えば、方法として▽共有部分に自動販売機を置く▽携帯電話のアンテナを建てる場所として共有部分を貸す▽空いている駐車場を外部に貸す――などが考えられます。
 「収入があった場合には税務申告、場合によっては管理規約を改正する手続きが必要で手間もかかりますが、それを支援するのもマンション管理士の役割の一つだと思っています」と佐藤さんは話します。
 このような手間がかかる作業が多いこともマンション管理組合の理事のなり手が少ない原因になっています。
 「一般的に理事会は休日や帰宅後に開かれています。しかも、長時間に及ぶこともあります。それも無給です。例えば、有給にすればなり手が増えるのではないでしょうか? また、意見が対立するのであればメリット、デメリットを明らかにして住民アンケートで意見を確認するとスムーズに進むのではないでしょうか」
 さまざまな考え方を持つ人たちが住むマンション。運営のあり方にマンション管理士の視点を役立ててみてはいかがでしょうか。
(2016年2月取材)

3

佐藤弘和プロのその他のコンテンツ

Share

佐藤弘和プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-6251-5557

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤弘和

マンション管理士 佐藤不動産顧問

担当佐藤弘和(さとうひろかず)

地図・アクセス

佐藤弘和プロのその他のコンテンツ