まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
岡村善裕

食品衛生管理のプロ

岡村善裕(おかむらよしひろ)

中小企業診断士

岡村善裕プロのコラム一覧

製品開発

2018-12-15

 地元の料理を全国に広めた駅弁  「あなごめし」は、上野他人吉(たにきち)が、宮嶋駅(明治30年開通)の駅売弁当として販売したのがはじまりです。 他人吉は明治の中頃、宮島でお米の商いをしていました。その後、宮島口の駅前参道に茶店を開業、その茶店を起点に駅弁「あなごめし」は誕生...

製品開発

2018-11-15

 食材の有効利用で出来た駅弁  いかめしの誕生は1941年(昭和16年)に阿部商店 (1903年構内販売事業開始)が、豊漁であったもののあまり利用価値のない小型スルメイカを有効利用する方法を考え付いたのが始まりでした。 当時は戦時下で米は配給であったで、お米を節約しつつ、腹持ちがよく、 ...

製品開発

2018-10-15

 新たな名物を作ることから始まった駅弁  崎陽軒の創業は1908年(明治41年)。大きな駅には必ず名物となる食べ物があったが、横浜駅には名物がありませんでした。野並茂吉(初代)は、「このままでは崎陽軒に先はない。早く横浜名物を作らなければ」。そう考えた茂吉が目を付けたのが、横浜南京...

製品開発

2018-09-15

 お客様の声を聞いて出来た駅弁  今から約55年前、高見澤みねじは、自らホームに立ち、「何かご要望はありませんか。」と旅行者ひとりひとりの駅弁への意見・想いを聞いて回りました。そこで、彼女はひとつの答えにたどりつきました。「あたたかくて、家庭的な楽しいお弁当が求められている」と...

 「作業」は事前に定められたやり方通りに活動するもので、「仕事」は活動による結果や業績を示します。一般的に「作業」は単純な活動で、「仕事」は付加価値のある活動に区別されることがあります。しかし、仕事は全て作業の上に成り立っているもので、作業は見下す対象ではありません。また、仕...

食品安全

2018-08-24

 食品衛生法等の一部を改正する法律が本年6月7日に国会で成立し、平成30年6月13日に公布されました。その中で、HACCPの制度化や食品リコールの報告制度などの見直しが行われました。施行日は項目によって異なり、施行日から経過措置があるものとないものがあります。 広域的な食中毒事案への対...

製品開発

2018-08-11

 この美味しさを伝えたい思いで出来た駅弁  1912 年(明治45 年)に「ますのすし」の販売が開始されました。当時はまだ、富山の名物といえばあゆずしでした。しかし、“鱒寿司の美味しさを、富山を代表する食に育てたい”という源一族の想いから、富山駅弁『ますのすし』が誕生しました。しかし、...

 「モノづくりは、ヒトづくり」は、品質管理の世界でよく聞くフレーズです。トヨタは、この言葉を人材育成の根幹において社員教育を行なっています。機械・ロボットや技術がどれだけ進歩しようと結局それを扱うのは人です。優れた人を多く育てるかが、企業にとって重要なことです。そのためには、...

製品開発

2018-07-02

 食品業界の価格競争は激しいものです。そのため、コスト削減は企業経営として命題になっています。製造業においては、「乾いた雑巾をさらに絞る」と言われる程、日常的にコスト削減を行っています。コスト削減の中でも、コンプライアンス(法遵守)は当然であり、安全性に関わる品質を維持するこ...

食品安全

2018-06-12

 第196回国会で「食品衛生法等の一部を改正する法律案改正食品衛生法」(改正食品衛生法)が、参議院で4月13日に、衆議院で6月7日の可決され、成立しました。 改正食品衛生法には、食品を取り扱う事業者に国際的な基準である「HACCP」と呼ばれる衛生管理手法を義務化が盛り込まれています...

食品安全

2018-06-11

 一般財団法人食品産業センターの食品事故情報告知ネットによると2017年1月〜12月の事故情報の状況は、年間総件数750件で、2016年の839件よりも大幅な減少となったが、2009年以降増加傾向になっています。なお、月別に見ると昨年及び一昨年同様に下半期に若干の増加傾向が見られます。 告知理由...

 食品業界では、人手不足の状況です。特に賃上げや機械化が容易でない小規模事業者は、従業員の定着率の向上が重要になります。そのためには、従業員とのコミュニケーションにより、彼らの意見を聴くこと(傾聴)が大切です。 ところで、自己主張の強人は、相手の意見に耳を傾けずに、強固に自...

製品開発

2018-05-07

 新サービス・新製品開発の流れは、経営戦略をベースに、マーケティング戦略に沿った新サービス・新製品の開発が行われます。新サービス・新製品の開発に着手する前に作成される起案書には、販売計画や費用対効果のみる財務的な計画も必要になります。 経営戦略の確認 / 見直し  まず、...

その他

2018-04-15

 「観光ビジネス未来白書」は、観光ビジネス研究会所属の中小企業診断士が執筆を行い、観光振興を目的として、2009年から10年連続年度出版しています。 2018年版では、インバウンド、民泊、DMOなど注目される分野の内容も取り上げており、時節に沿った内容となっているとともに、「観光ビジネス...

製品開発

2018-04-02

 開発視線で、「これはすごいと」と思ったサービス・製品・会社は何がありますか? 私の場合は、例えば、革新的な技術で万年筆を作っている「ウォーターマン」が挙げられます。 【ウォーターマンの技術革新】  1883年:毛細管現象を利用したペン先を開発  1899年:インク漏れ防止シ...

岡村善裕プロのその他のコンテンツ

Share

岡村善裕プロのその他のコンテンツ