マイベストプロ大阪
当山倫子

体に効く「ワンランク上」のラジオ体操を指導する専門家

当山倫子(とうやまみちこ) / ラジオ体操インストラクター

当山倫子

当山倫子プロのご紹介

ラジオ体操を正しい動作で行い、自分の体をメンテナンスする(1/3)

体に効く「ワンランク上」のラジオ体操を指導する専門家 	当山倫子さん

体に効く動作で「意味のある3分間」に

 ラジオ体操のインストラクターとして活動している当山倫子さんは、健康増進のためのラジオ体操の指導を行っています。運動不足で肩こりや腰痛に悩む人が増えている昨今、健康を維持増進するためにラジオ体操を活用し、「毎日なんとなく体を動かす」のではなく、きちんと体に効く動作で「意味のある3分間」にしていくことを目的とし、企業の職員研修やレッスンを実施しています。

 当山さんは、1級ラジオ体操指導士の資格を持っており、筋肉や骨など体に関する仕組みや専門的な知識が豊富です。それゆえ、建設現場や工場、事務系の職場など、業務の一環としてラジオ体操を取り入れている企業やスポーツ指導員からの依頼を受けることが多いそうです。

 指導しているのは、ラジオ体操第1・第2、みんなの体操の3種類がメインです。中でもラジオ体操第1のご要望が多いといいます。各動作について、どんなふうに体を動かすのか、どういった目的でこの運動をするのか、体のどこに効かせているのか、力の入れ方や抜き方などを丁寧に解説します。

 「例えば、ラジオ体操第1は「伸びの運動」から始まりますが、背中を伸ばしているという意識があまりない方が多いようです。指先に力を入れてピンと伸ばして腕を上げ、そして横から腕を下ろしてくるという「腕を上げて下ろす」という感覚の方が多いですね。しかし、体に効く動作にするにためには、指先に力は入れず、卵を軽くふわっと握るような感じで腕を真上にグーーッと引き上げると、肩甲骨やその周りの筋肉もよく伸びます。指先に力を入れてしまうと腕から背中まで筋肉が硬くなってしまい、背中が十分に伸びません。ラジオ体操の正しい動作を習う機会はめったにないと思うので、是非、一度でもいいので研修を受けて、ラジオ体操が体によく効くという実感を得てもらいたいです」

Share

当山倫子プロへの
お問い合わせ

当山倫子

当山倫子

担当当山倫子(とうやまみちこ)

地図・アクセス

当山倫子プロのコンテンツ