マイベストプロ大阪
高橋真美子

整理収納をベースに取り入れたリフォームで暮らしを整える専門家

高橋真美子(たかはしまみこ)

+Comfort(プラスコンフォート)

コラム

整理収納コンサルティングとひとり言

2019年11月11日

テーマ:整理収納×リフォーム

コラムカテゴリ:くらし

ひとり言でごとでついつい言ってしまう事ってどんな言葉がありますでしょうか?

私は、・・・

1)ヨイショ!
2)めんどくさーい!
3)あー、もう!!

などという結構後ろ向きなひとり言が多いとうい事・・・気付いております。
でも、そこでストレスを抜いているという事実もあり、これもバランスを考えて
コントロール出来るといいのかもしれないとウインク(言い訳やね・・・)

先日、整理収納のコンサルティングをさせて頂きました。
キャリアウーマンの方で自分のマンションを自分で購入されて自立しておられます。
もちろん、仕事においては男性以上に厳しい視点を持ってされているのではないかと言葉の端々に感じました。

2019111101

こんな方の生活において、何が整理のポイントなのか?についてコンサルが終わった後も色々と思いを巡らせています。

私もとても忙しい人でした。(今はかなり余裕が出来ました)
仕事、子育て、様々な生活の色々・・・一人で抱え込んで頑張って来ました。
それで、ひとり言1)~3)が増えちゃったのかな?
仕事の優先順位は絶対でしたし、手を抜くつもりもありませんでした。
でも、時間は24時間しかないわけで・・・
贅沢なお金の使い方も出来ないのでその中で出来る事を考えていたように思います。

私の得意は、諦めない事なんです。
なにか上手くいく手立ては無いものか?
かなりひつこくじわじわと考えるタイプみたいで・・・
このテーマをずーと諦めないで考え続けることが実はとても好きなんです。
考えて思いついたことが凄くいいなラブラブって感じがとても好き。病みつきかも。

整理収納は、グッときました!
これしかないとまで思いました。
暮らしも仕事もこれで色々と解決出来ると確信しました。

2019111102

もっと早く整理収納の学びを生活に取り入れられていたら・・・?
もう少し上手に子育て出来たのでは?と思ったりしますが、時は戻りません。
結果としては後悔もあり良かったこともあり、子は親を選べませんので諦めてもらうしかないかな?

モノの量と定位置での管理
暮らしのスッキリは何といってもこの2点がポイントですが、実はモノの絞り込みの
ハードルがとても高いのも事実なんです。

モノと向き合う多くの時間がここに必ず発生するし、それも今現在の自分に必要か否かのモノサシを当てるって思っている以上に難しいものです。
まだ使える、勿体ないという長年使いなれ身に沁みついたモノサシを手放すことから始めなければならないし、このモノサシは捨てたつもりでもまた現れて際限なく支配しようとするからです。

モノが欲しい、欲しいの欲求やまだ使える、勿体ないのモノサシとの闘いは本当に果てしないように思うのですが、個々の価値観でのバランスの良い所って絶対にあると思っています。
その、心地よいポイントに良い、悪いの基準ってないよなって思うのです。

このお客様のようにお家での時間がとても短くて、疲れて家に戻ればそんなに沢山の事は出来ないのが当たり前。
だからこそ心地よいポイントを早めに見つけて欲しいなと思いました。
たまにはお客様を呼んだりしておしゃべりが出来ることもストレス発散になるかもしれないですし、一人でゆったりテレビを見ながらゴロゴロするのもいいですよね。

少し手を動かせばすぐに元に戻すことが出来るなら!
探してイライラする時間が半分になるなら!

気付き、お声をお掛け頂いたお客様の幸せを心から祈り、応援したいと思います。


こちらの記事は+Comfortアメブロより転載です。
整理収納コンサルティングとひとり言

この記事を書いたプロ

高橋真美子

整理収納をベースに取り入れたリフォームで暮らしを整える専門家

高橋真美子(+Comfort(プラスコンフォート))

Share
関連するコラム

高橋真美子プロのコンテンツ