まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
石川靖之

ビジネス推進(ファシリテーション)・課題解決のプロ

石川靖之(いしかわやすし)

株式会社 アイズ

コラム

ファシリテーションツール~「グランドルール」

ファシリテーション

2014年3月4日 / 2017年6月20日更新

会議の最初に決めておく、全員が守るべきルール


これからは何回かにわたって、プロジェクトを計画通りに進めるためのツールやコツ、歩ノウハウをご紹介していきたいと思います。初回は「グランドルール」。
会議を始める前、特にキックオフミーティングの時などに、まずプロジェクトの運営ルールを決め、大きく板書しておくことで、プロジェクトの進行が参加者の意識の低さ(社会的手抜き)や、声の大きい人に会議が引っ張られる(声高少数者の影響)ことを事前に防ぐことができます。プロジェクトをマネジメントしていく基本ツールと言えます。

【グランドルールの立て方】


1.会議の冒頭で、「グランドルール」を、参加者全員で作ることを提案し、参加者からルールを提案してもらう。
※「グランドルール」を知らない人が参加者に多ければ、まずはファシリテーターが事前にたたき台を準備しておき、それに加える形で運営するとよい。

2.ファシリテーターは、提案のあったルールをわかりやすくリスト化する

3.ルールの提案数が一定以上になったら、いったん締め切って、参加者全員でリストを見直し、全員の賛同を得る。
※慣れてないうちはルールの数を少なめにしておく方が運営しやすい。

4.会議中は、全員が見える場所にルールを貼って(板書)しておく。

【グランドルールの書き方例】


以下に代表的なグランドルールの例を挙げておきます。

●会議終了時間は厳守
●思いついたことは、失敗を恐れず恥ずかしがらずに発言する
●意見を否定せずに、ほめる
●必ず全員が発言する
●人が発言している時は最後まで聞き、さえぎらない
●発言者は立って話す
●議論がに止まったら休憩をはさむ
●最後に必ず、次回の議題を確認して終了する
 など
当たり前のようですが、これをしっかりリスト化して貼りだすことで、思いの他、会議はスムーズに運営でき、かつ活発な議論が生まれます。

参考:「ファシリテーターの道具箱」ダイヤモンド社

関連コラム

ブレーンストーミング(ブレスト) の進め方
手順を論理的に整理する「ロジックツリー」
プロジェクトミーティングの進め方~議論と対話
ムダな会議を撲滅するには?

ファシリテーション実績

地域イベントを成功させたファシリテーション
未来の天王寺動物園を考える! zoo friendsミーティ
など。

この記事を書いたプロ

石川靖之

石川靖之(いしかわやすし)

石川靖之プロのその他のコンテンツ

Share

石川靖之プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
080-6122-3381

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石川靖之

株式会社 アイズ

担当石川靖之(いしかわやすし)

地図・アクセス

石川靖之プロのその他のコンテンツ