まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
大竹光明

人事労務コンサルティングのプロ

大竹光明(おおたけみつあき)

社会保険労務士法人大竹事務所

コラム

『もし、従業員がFacebookへ書き込みをしていたら?』

facebookの利用

2013年1月31日 / 2014年5月23日更新

従業員が仕事中に「Facebook」や「twitter」(以下「SNS」と言います)に書き込みをしていることが判明した場合、会社としてはどのような対策をとれば良いでしょうか。そして更にその書き込みの内容が、会社にとって不都合なものであった場合はどうでしょう…。対策案としては以下の2つです。

(1)就業規則に「SNS」利用に関して守るべきことを追加する。
(2)その内容を徹底するための社員教育や研修を行う。

(1)について
⇒就業規則の「服務規律」に追加することや、別に「ソーシャルメディアの利用に関する取扱い」等の項目を追加し、以下の内容を会社のルールとして定めることが出来ます。
①:就業時間中に、業務に関係のないウェブサイトの閲覧や書き込みを行ってはならない。
②:ソーシャルメディアの利用に際しては、業務上外を問わず、会社が定めるガイドライン等を遵守する。
 ③:会社がインターネット上の書き込み等について削除を求めた場合には、これに従わなければならない。
 ④:会社は、社員に貸与する情報機器の利用状況について、定期的あるいは随時、監視・調査することができる。
 ⑤:①から③の規定に違反した場合は、就業規則第〇条に基づき懲戒処分を行う。

(2)について
⇒上記の(1)に加え全従業員に対して、入社時または入社後に研修等を行い内容の周知の徹底を図ることが大切です。その研修では、どのようなことが不適切な書き込みなのか具体例を挙げて説明することも必要です。また、不適切な書き込みが「名誉棄損」や「業務妨害」などの犯罪にあたる可能性もあること、民事上の損害賠償で訴えられること、そして社内における懲戒処分の対象になることを説明するのも重要なことです。

最近では、SNSの普及(?)により個人で書き込みをする人々が増えてきました。悪意のあるものからそうでないもの、たとえそうでないものであっても「結果的にダメだった…」ということもあります。「結果的にダメだった…」となる前に、会社がルール化し教育していかねばならない時代になりました^^;

                                                                                                                                                     ●おぎ●

この記事を書いたプロ

大竹光明

大竹光明(おおたけみつあき)

大竹光明プロのその他のコンテンツ

Share

大竹光明プロのその他のコンテンツ