まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
西野毅

女性社員・パートの力を活用して組織活性化を支援するプロ

西野毅(にしのたけし)

西野社労士事務所

コラム

ハローワーク求人票で応募者を獲得する方法~ハローワークの正しい使い方~

人材採用

2018年2月28日

スピーチ

前回、「ハローワーク求人では人は集まら
ない」は間違い!
という事実とその原因の1つ目をお伝えしました。

今回は、原因の2つ目
ハローワーク求人票の正しい使い方
について説明しますね。

ハローワーク求人票には特徴、クセが
いくつかあるのですが、その1つが
自由に記載できる欄、つまり他社と差を
つけることができる箇所が6つあります。

①仕事内容
②会社の特徴
③職種
④仕事内容
⑤求人情報特記事項
⑥備考

そして、それぞれ字数制限が有りますが、
合計すると929字になります。

この929字の意味ってわかりますか?

って、あまりに唐突すぎますよね。

ぼくたちのように、
人前で話すことが多い人はおわかりに
なると思いますが、

スピーチをする際、
1分間で約300字なんです。

とすると、929字と言うのは3分間
スピーチに当たるんですね。

3分間差し上げますので、自社のPRを
しっかりして下さいね!

それがハローワーク求人票なんです。

ところが実際にはどうでしょう?

日頃からいろんな求人票を拝見するの
ですが、ほとんどの会社が30秒で
終わってるんですね。

競合(求人件数)が増え、
ターゲット(求職者)が減少している、

だからこそ、しっかりアピールしなけれ
ば求職者に届かないのに、
全くしていないんです。

これでは応募が来ないのも無理はありません。

逆に、競合がことごとく適当に済ませて
いるところに、3分間かけて自社PRが
できたらどうでしょう?

応募者が集まるのは間違いないですよね?

このように、求職者の25%がハローワー
クで仕事を見つけているのに、全く反応
が無いのは、自社のPRができている
数少ない会社に応募が集中しているから
と考えることができます。

是非、3分間スピーチをするつもりで、
求人票作りに挑戦してみて下さい。

■コラムのご感想やご意見、ご質問を
  いただきますと、励みになります。

また、今後取り上げて欲しいテーマなど
があれば下記お気軽にご記入下さい!

お問い合わせ用のフォームになっていますが、気にせず
お送りくださいね。
https://nishino-sr.jp/contact/

この記事を書いたプロ

西野毅

西野毅(にしのたけし)

西野毅プロのその他のコンテンツ

Share

西野毅のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-27
facebook
Facebook