まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
西野毅

女性社員・パートの力を活用して組織活性化を支援するプロ

西野毅(にしのたけし)

西野社労士事務所

コラム

「ハローワーク求人では人は集まらない」は本当か?

人材採用

2018年2月25日 / 2018年2月26日更新

急上昇
日頃、経営者や採用担当の方達と話して
いると、よく「ハローワークの求人では
応募が来ないんですよ」と聞きます。

実際に応募状況を確認すると、全く反応
がないんですよね。

今回は「そんなハローワーク経由の求人
では人が集まらない」についての真偽を
考えてみましょう。

このところ、有効求人倍率は急上昇して
います。
ここ5年間の推移を見てみると、

 2013年 0.93
 2014年 1.09
 2015年 1.20
 2016年 1.36
 2017年 1.50

何と、1.61倍です。

次に、有効求人倍率のもとになる
求人件数と求職者数
の動きを見ると、

2013年を1とした時、

求人件数が1.27
求職者数が0.79

になっています。
競合が増え、ターゲットが減少している
状態です。

企業側が同じように求人票を出しても、
求職者に探してもらいにくくなっているんです。

では、実際にハローワーク求人で仕事を
決めた人がどの程度かというと、約25%。

4人に1人がハローワークで仕事を探し、
入社しています。

因みに、最も多いのは求人広告で仕事を
決めた人で50%弱。

どうでしょう?
民間の求人広告が束になって5割に
届かないのが、ハローワークだけで25%
ですよ。
決して低い数字ではないですよね。

特に介護職なんかは特に相性が良く、
40%の人がハローワーク経由で就職先を
決めているんです。

「ハローワーク求人では人は集まらない」
は間違い!と言えそうです。

では何故そんなことを言う人が多いのか?

原因は2つ考えられます。

1つは視点の違いです。

求職者から見ると4人に1人はハローワ
ーク経由で仕事を決めているのですが、

会社からから見ると、ハローワーク経由
で採用に至るのは1割に届きません。

それも、年々減少しています。
求職者そのものが減少している訳ですから…。

「ハローワークでは人が来ない」
と言いたくなるのはわかるような気がします。

原因の2つ目は、
ハローワーク求人票の効果的な使い方を
理解されないまま使われているということです。

えっ?
そんなのがあるの?
と思われるのも無理はありません。

ハローワーク自体が詳しく解説している
訳では有りませんので。

次回は、この点について詳しくお伝えします。

■コラムのご感想やご意見、ご質問を
  いただきますと、励みになります。

また、今後取り上げて欲しいテーマなど
があれば下記お気軽にご記入下さい!

お問い合わせ用のフォームになっていますが、気にせず
お送りくださいね。
https://nishino-sr.jp/contact/

この記事を書いたプロ

西野毅

西野毅(にしのたけし)

西野毅プロのその他のコンテンツ

Share

西野毅のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-27
facebook
Facebook