まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
西野毅

女性社員・パートの力を活用して組織活性化を支援するプロ

西野毅(にしのたけし)

西野社労士事務所

コラム

覆面調査員が来たらどうする!? 採用は総力戦

人材採用

2018年1月13日

接客

仕事柄、求人広告を見る機会が多いので
すが、その中に『覆面調査員』のアルバイ
トを時折見かけます。

飲食店を中心に、一般客を装って店内を
こと細かくチェックし、ネット等にその内容を掲載する。
要約すればそんな仕事内容ですが、

明日、覆面調査員が貴社に来る!

そんな情報が入ってきたら、経営者の
あなたはどうしますか?

「普段からきっちりやっている、
特別なことをやる必要はないよ!」

いいですね、本来あるべき姿ですよね。

でも、多くの方はスタッフに指示する
のではないでしょうか。

整理整頓
清掃
笑顔
あいさつ
気配り 等々

大まかに挙げましたが、スタッフに
対してもっと具体的に指示するのでは
ないでしょうか。

実は、求人に応募しようとする人は、
覆面調査員のようにお客様として現場を
確認するんです。

自分が働きたいと思う職場かどうかを、
特に店舗の場合は…。

スタッフの表情が明るくイキイキしている。
動きもきびきびしている。
表情に温かさを感じる。
きれいに清掃がされている。

そんな良いイメージを持ってもらえたら、
「ここで働きたい」って気持ちになります。

でも、
スタッフの表情が冴えない。
動きもだらだらしている。
受け答えに冷たさを感じる。
店内やお手洗いが乱雑。

そんなイメージを持ってしまったら
大変です。
応募が集まらない大きな理由になります。

それに、もっと怖いことがあります。
そんな職場だからこそ、逆に
「自分にとって居心地がよさそう」って
思う人がいるんです。

「その場に居さえすれば給料がもらえる」
と考える困った人達です。

一たび、負のイメージが定着したら
同じような人達ばかりが集まります。

悪循環ですね。

だからこそ、普段からスタッフ全員で
いつ覆面調査員が来てもいいようにしておく、採用は総力戦です。

■コラムのご感想やご意見、ご質問を
  いただきますと、励みになります。

また、今後取り上げて欲しいテーマなど
があれば下記お気軽にご記入下さい!

お問い合わせ用のフォームになっていますが、気にせず
お送りくださいね。
https://nishino-sr.jp/contact/

この記事を書いたプロ

西野毅

西野毅(にしのたけし)

西野毅プロのその他のコンテンツ

Share

西野毅のソーシャルメディア

twitter
Twitter
2018-08-27
facebook
Facebook