マイベストプロ大阪
西雄一

可能性や魅力を引き出すキャリアコンサルタント

西雄一(にしゆういち) / キャリアコンサルタント

合同会社WTE

お電話での
お問い合わせ
050-3743-2430

コラム

協調性をはき違えてはいけない

2020年7月30日

テーマ:チームビルディング

コラムカテゴリ:ビジネス

コラムキーワード: 働き方改革キャリアコンサルティングチームビルディング



一見チームワークがありそうで、全くチームワークができていないことがよくあります。

先日、このような事例がありました。

このチーム(メンバーは4人)はお互いに先輩・後輩の間柄で、普段からよく話をしています。
外から見れば非常に仲が良い感じがします。

ある時、メンバーの1人(A氏=最年長)があるイベントを企画しました。

私はこのチームのメンバーではなく、週に1回業務でうかがう程度です。
イベントの案内を見て私は非常に興味を持ちました。実際にイベントはすでに始まっていました。
そこで、私はA氏にこのイベントの詳細を聞きたかったのですが、A氏が不在だったため、後輩にあたるB氏・C氏に伺いました。

「このイベントの具体的なことを教えてほしい」

そうすると、B氏・C氏から驚きの返事が返ってきました。

◆これはA氏が勝手にやっているやつで、私も全然内容を知らないんですよ
◆このイベントは時期的には早すぎるのではないか、ずっと疑問に思っていまして

私は「えっ!マジで」と驚いたと同時に、「このチーム、大丈夫なんかな」と疑問を持たずにはいられませんでした。

「仲が良い」というのは「うまくやっている」「協調性がある」と思われがちです。
しかし、言いたいことを言えない人間関係に果たして「協調性」があるのでしょうか?

一見「仲が良いチーム」のように見えても、「チームビルディング」としては破綻しています。
A氏は自分のイベントをメンバーについてきちんと説明をし、反対意見があれば、それを「聴く」姿勢が重要です。

また、B氏、C氏も先輩であるA氏に対して「自分の考えを勇気をもって説明する」ことが必要です。

このチームに欠けているのは、チームビルディングの基礎である「安全な場」です。
すべてを受け入れてくれる、分け隔てなく聴いてくれるのが「安全な場」。

皆さんの職場では、「安全な場」は作れているでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●合同会社WTE(代表)西 雄一
(Mail)info@west-t-edu.com
(Tel)050-3743-2430
☆新刊『誰も教えてくれなかった人生を楽しむ方法(大学生~社会人3年目編)』発売中!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いたプロ

西雄一

可能性や魅力を引き出すキャリアコンサルタント

西雄一(合同会社WTE)

Share

関連するコラム

西雄一プロのコンテンツ