マイベストプロ大阪
西雄一

可能性や魅力を引き出すキャリアコンサルタント

西雄一(にしゆういち)

合同会社WTE

コラム

「偶然」を引き寄せる!

2019年7月10日

テーマ:キャリアコンサルティング



いつもコラムをお読みいただきありがとうございます。
さて、今回は、「『偶然』を引き寄せる!」がテーマです。

皆さんは、こんな経験がありませんか?

  本当はするつもりはなかったけど、たまたまやってみたら、
  案外「面白い」と感じて、今も続けている。

私はよく図書館に行きます。
借りたい本があるかどうかを先にネットで調べて、その本が図書館にあるかどうかを確認してから行くことにしています。
そして、その本を手に取ろうとしたら、隣に「あれっ?この本も面白そう!」なんてことがしょっしゅうあります。そして、目的の本以外にも、「偶然」見つけた本も借ります。そして、「偶然」見つけた本の方が「面白かった、ためになった」ということがあります。

(1) Planned Happenstance


 実はこの現象を"Planned Happenstance(計画された偶然・計画的偶発性理論)"を私なりに明かりやすく説明したつもりです。

 この理論は、スタンフォード大学のクルンボルツ教授が提唱した新しいキャリア理論です。

・たまたま命じられた仕事で、自分の天職を見つけた
・たまたまある講演会に出席して話を聴いてみたら、非常に興味が湧いて、その方向に進路を変えた
・たまたまニュースの特集を見ていたら、「自分だったらこういうふうに問題を解決したい」と思って、のめり込むようになった

(2) 予定通りには行かないことが多いのが現実


 よく「将来のことを考えて高校や大学を選びなさい」と言われます。しかし、その「将来」がもはやよく分からない状態になっています。科学技術の進歩、AI、ICT・・・。
 10年後の未来を考えて高校や大学を選んだとしても、その10年後には「考えていた未来が存在しない」なんてこともあります。
 
 「予期せぬ出来事」により、自分のキャリアを変更せざるを得ない状況がたくさん生まれています。

(3) 予期せぬ出来事にどう対応するか?


 「予期せぬ出来事」が起こると、あなたはどうしますか?
 何も考えていなければ、ただただ焦るだけではないでしょうか?

 偶然の出来事に慌てることなく、自分のキャリアを磨き続ける。
 そのためには、どうすれば良いでしょうか?

クルンボルツ教授は普段から次の5つを意識して磨くように述べています。

(1) Curiosity(好奇心):様々なことに興味・関心を持つこと
(2) Persistence(持続性):失敗に負けないで、継続して努力すること、あきらめないこと
(3) Flexibility(柔軟性):変化に合わせて柔軟に対応すること
(4) Optimism(楽観性):「必ず実現できる」と考えること
(5) Risk Taking(リスクをとる):結果が不確かでも行動すること、リスクを恐れないこと

「予期せぬ出来事」に備えて、普段から上記の5つを意識することで、「偶然」を味方につけることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●合同会社WTE(代表)西 雄一
(Mail)info@west-t-edu.com
(Tel)050-3743-2430
☆新刊『誰も教えてくれなかった人生を楽しむ方法(大学生~社会人3年目編)』発売中!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いたプロ

西雄一

可能性や魅力を引き出すキャリアコンサルタント

西雄一(合同会社WTE)

Share
関連するコラム

西雄一プロのコンテンツ