マイベストプロ大阪
西雄一

可能性や魅力を引き出すキャリアコンサルタント

西雄一(にしゆういち) / キャリアコンサルタント

合同会社WTE

コラム

[高校生]大学のランクを下げるべきか?

2019年6月21日 公開 / 2020年2月4日更新

テーマ:キャリアコンサルティング

コラムカテゴリ:ビジネス



いつもコラムをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
蒸し暑い日が続きますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は「高校生向け」に書かせていただきました。
実は、この6月~7月にかけて受験生やその保護者から多くの相談を受けるのが「大学のランクを下げるべきか?」というものです。「模試の結果や現状の勉強の進捗状況から目指していた大学よりもランクを下げるのはどうなのか?」という質問です。

皆様はこの質問にどう答えますか?

(1) 重要なのは質問に「答えない」こと


実は「答えない」ことが重要です。
なぜならば、答えることで「あなたの価値観」を押し付けてしまうからです。

では、どうするのか?

それは

「じっくりと話を聴く」ことです。

なぜ、そう考えたのか?

おそらく、最初は「模試の結果が・・・」「勉強していてもなかなか点数が上がらなくて・・・」と答えます。しかし、重要なのは「その続き」なのです。その続きに「本音」が隠れています。

(2) なぜ答えてはいけないのか


先ほども書きましたが「答える=あなたの価値観を押し付ける」ことになります。

つまり「外発的動機」によって受験生は自分の進路を決めてしまうことになります。
誰かによって左右される、もちろん、そういう考え方も完全には否定しません。
しかし、それで果たして「納得」するのでしょうか。

大事なのは「自分で決めること」です。
つまり、「内発的動機付け」です。

外発的動機付けで決めてしまうと、後で後悔することが非常に多いです。
現にそういう受験生を多く見てきました。

大事な進路です。
他人に意見を聴くことも大事ですが、その他人の意見はあくまでもその他人が経験した意見です。ですから、答えもバラバラです。「早く下げた方が楽」「早く下げた方が的を絞った勉強ができる」「もうちょっと頑張った方がいい」「今の段階では結果はわからないよ」-どれも間違っていません。

しかし、繰り返しますが、大事なのは「自分で決めること」。
後悔しないように!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●合同会社WTE(代表)西 雄一
(Mail)info@west-t-edu.com
(Tel)050-3743-2430
☆新刊『誰も教えてくれなかった人生を楽しむ方法(大学生~社会人3年目編)』発売中!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いたプロ

西雄一

可能性や魅力を引き出すキャリアコンサルタント

西雄一(合同会社WTE)

Share
関連するコラム

西雄一プロのコンテンツ