マイベストプロ大阪
西雄一

可能性や魅力を引き出すキャリアコンサルタント

西雄一(にしゆういち) / キャリアコンサルタント

合同会社WTE

コラム

部下との面談①~20分間、話を聴けますか?~

2019年5月31日 公開 / 2020年2月4日更新

テーマ:キャリアコンサルティング

コラムカテゴリ:ビジネス



あなたは、どこかで「面談のやり方」を習いましたか。
そして、「あなたの面談のやり方は素晴らしい」と評価されましたか。

もし、誰からも習わず、誰からも評価されず、「自分勝手」に面談をしていたならば、面談される側は「かわいそう」ではないでしょうか?

今回から、部下との面談について、3回に分けてコラムを書きます。

(1) すぐに口をはさむ上司

 あなたは「人の話を聴く」ことに我慢できないタイプですか。
 20分間、黙って、部下の話を聴くことができませんか。

 せっかく部下が一生懸命話をしているのに、
・それは違う!
・その考え方がおかしいねん!
・でもな、俺はこう思うんやけど、どう?
 と、口を挟んではいけません。

 部下は自分の言いたいことが言えなくなります。
 部下は、「自分の話を聴いてくれない上司」「自分の思いを否定する上司」とあなたをみなすでしょう。

(2) 自分の価値観を押し付ける上司

 今、あなたがいる部屋は「暑い(寒い)」ですか?それとも「ちょうどいい」ですか?
 「暑さ・寒さ」は人の価値観です。しかし、エアコンの温度設定が26度ならば、「26度である」ことが客観的な事実です。
 「ここのラーメンはうまい」は事実ではありません。発言をした人の価値観です。
 
 「リーダーとはこうあるべき」「上司とはこうあるべき」「部下とはこうあるべき」・・・これらはすべて「価値観」です。価値観が一致していれば受け入れられるでしょうが、一致していなければ反発されるだけです。
 そもそも、あなたは、部下の価値観を知っていますか。価値観を共有していますか。
 価値観が異なるならば、あなたの立場を利用して価値観を押し付けてはいけません。
 価値観が異なるならば、部下の価値観をまず聴くことが重要です。とことん話を聴く。否定しない。受け入れる。
 そして、会社の方針や理念についてお互いに理解し、一緒に進む方向について考える。

(3) ことば以外を聴く

 例えば気の弱い人がいたとします。5人で食事に行きました。本当はその人は「ウーロン茶」が飲みたかったとします。しかし、周りは全員「ビール」です。そして、周りの4人から「お前もビールでええやろ」と言われました。場の雰囲気を壊したくないので、仕方なく「ビールで」と言ってしまいました。乾杯の後、その人はほとんど飲んでいません・・・。

 「何で飲まへんねん。『ビール』って言ったやろ!」

 これが、トラブルやストレスの元です。
 「ことば」だけを信用してはいけません。「ことば」以外の振る舞いに注目し、何を伝えたいのかを察知する必要があります。

 あなたが部下の「ことば」だけを信じているならば、面談をしてはいけません。部下の「しぐさ」「表情」「服装」「髪型」・・・様々なところに目を配り、部下が言外で伝えようとしていることを理解しなければなりません。

・・・次回に続く。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●合同会社WTE(代表)西 雄一
(Mail)info@west-t-edu.com
(Tel)050-3743-2430
☆新刊『誰も教えてくれなかった人生を楽しむ方法(大学生~社会人3年目編)』発売中!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いたプロ

西雄一

可能性や魅力を引き出すキャリアコンサルタント

西雄一(合同会社WTE)

Share
関連するコラム

西雄一プロのコンテンツ