マイベストプロ大阪
西雄一

可能性や魅力を引き出すキャリアコンサルタント

西雄一(にしゆういち) / キャリアコンサルタント

合同会社WTE

コラム

どんな仕事がしたいのか分からないあなたへ

2019年5月29日 公開 / 2020年2月4日更新

テーマ:キャリアコンサルティング

コラムカテゴリ:ビジネス



いつもコラムをお読みいただきありがとうございます。
キャリアコンサルタントの西です。

先日、「どんな仕事がしたいのか分からないので、教えてほしい」と問い合わせがありました。

1. 仕事に求める条件を洗い出す


私は職業紹介をやっているわけではありません。クライエントが頭の中で考えていること(もしくは気づいていないこと)を言語化するのが私の仕事です。

まずは、「仕事に求める条件(併せて、その理由も明確に)」を洗い出してください。

【雇用形態】
A. 正社員
B. 非正規雇用
C. 非正規雇用の後に正社員
D. 個人事業主
E. こだわりがない

【仕事に求めるもの】
A. やりがい
B. 人間関係の良好さ
C. チームワークを重視
D. チームワークを重視しない
E. その他

【勤務場所について】
A. 自宅から近い
B. 引っ越しも可能
C. 転勤あり・なし

【給与(時給)】
詳細はFPや保険営業担当者などに伺うことをお勧めします。
A. 毎月の固定費はどのくらいか
B. 毎月のどのくらい自由に使えるお金が必要か
C. 養育費、教育費に毎月どのくらい必要か
D. 毎月、どのくらい貯蓄したいのか
など、現実的に「今」「5年後」「10年後」「老後」などを考慮して、必要なお金を計算しましょう。その上で、どのくらいの給与(時給)が必要なのかが見えてきます。

【転職しようとしているならば】
今の会社(前の会社)を辞める理由を明確にしてください。

【自己理解】
A. 今での人生で最も「幸せ」「充実感」を感じた出来事は何か。
B. 今までの人生で最も「つらかったこと」「悲しかった」出来事は何か。
C. 今までの人生で、他人に褒められたことは何か。
D. 苦手なことをどう乗り越えたのか。
E. 何をしている時に、「充実感」が得られるか。
F. その他

2. 会社の情報を徹底的に集める


条件を洗い出したら、自分が出した条件に「優先順位」をつけてください。
すべて「最優先」となると、なかなか思うような仕事には出会えません。
妥協もある程度は必要かもしれません。

条件を出し、優先順位をつけたら、今度は「会社の情報」を徹底的に収集しましょう。
その際に、「オープンな情報」と「クローズドな情報」の2種類があることを意識してください。

「オープンな情報」はインターネット、仕事紹介の雑誌、ハローワークなど誰でも入手できる情報です。しかし、最も重要なのは、オープンになっていない情報です。

こんなことありませんか?

「印象はすごく良かったのに、実際は考えていたのとは違っていた・・・」

そのようなギャップを感じると、「長く続けられないのでは・・・」と不安になります。
そこで、「クローズドな情報」を集めてください。例えば、自分が考えている会社で働いている人に出会う(紹介してもらう)などです。また、会社説明会に参加した時には「お礼状」を参加した当日(または翌日)に郵送する(もしくはメールを送る)ことで、その会社の人とコンタクトが取れる確率が高まるかもしれません。

そのような努力の積み重ねによって、より確実に「自分らしい仕事」に出会える可能性が高まります。

*理論に基づいた適職診断もありますが、診断だけを頼りにするのではなく、きちんと仕事や自分を分析することが重要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●合同会社WTE(代表)西 雄一
(Mail)info@west-t-edu.com
(Tel)050-3743-2430
☆新刊『誰も教えてくれなかった人生を楽しむ方法(大学生~社会人3年目編)』発売中!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を書いたプロ

西雄一

可能性や魅力を引き出すキャリアコンサルタント

西雄一(合同会社WTE)

Share
関連するコラム

西雄一プロのコンテンツ