まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
渋谷亜佐子

「母親力」を高めるプロ

渋谷亜佐子(しぶやあさこ)

MOTHER CRAM(マザークラム)

コラム

同性なのに知らなかった!女の子の特性

家庭教育

2018年5月12日

こんにちは! 家庭教育コンサルタント・マナー講師の渋谷亜佐子です。

「女の子は男の子に比べて育てやすい」と感じているお母さんも多いと思います。
同性だからわかることが多いし、自分の経験を基に育てられる。
ですが、同性だからこそ見過ごしてしまったり、気づかない事が実はあるのです。

今回はそんな女の子の育て方について、まずは女の子の特性からお話しますね(*^_^*)




女の子の特性

女の子の特性には大きく分けて7つあります。

1.「かわいい」「きれい」「わかる」が基準
男の子の判断基準が「おもしろい!」「かっこいい!」であることに対して、女の子の基準は幾つになっても「かわいい!」「きれい!」「わかる~!」この3つです。
「見せて~」から始まり、「かわいい!」「きれい~!」で盛り上がり、「わかるわぁ~」と共感し合って仲良くなる訳です。
これは大人の女性になっても同じですよね(笑)

2.おしゃべりが好き
女性は初対面の人とでも、わりとすぐにコミュニケーションがとれますね。
それは女性が基本的に「おしゃべりが好き」だからです。
おしゃべり好きは母から娘に遺伝します。おしゃべり好きなお母さんの娘さんは大抵「おしゃべり好き」です。
おしゃべりは、女の子の言葉の発達の速さや、語彙力の豊富さにもつながります。
そしてお母さんが魅力的な言葉遣いをしていると、すべて娘さんに遺伝します。

3.お手紙・交換好き
女の子は人とのコミュニケーションが好きで得意です。その典型的なのがお手紙好き。女の子はお手紙を渡すのが好きなんですね。
そして女の子は「交換好き」でもあります。大人になっても会社にお菓子を持って来て、配り合っているのは女性ですよね。
これは女性がコミュニケーションの生き物である証拠です。

4.世話好き
個人差はあると思いますが、女の子は幼い頃からは母であるかのように、世話をすることに情熱を燃やします。
相手の立場に立ってお世話をするのが上手なのです。

5.特別扱いされたい
男の子が群れの1番を目指す生き物であるのに比べて、女の子は誰かにとってのオンリーワンであれば満足できる生き物です。目の前の人が自分の気持ちを汲んでくれて「特別扱い」してもらえれば、女の子はそれで気が済むのです。

例えば
兄弟姉妹でお姉ちゃんが弟や妹に嫉妬してイジワルをする・・・なんて時にも、
お姉ちゃんだけにこっそり内緒で「特別扱い」する時間を作ると、弟や妹をいじめなくなったりします。

6.感情で納得する
女の子は「自分のことをすごく心配してくれる、気にかけてくれている」という相手の強い思いに反応します。
男の子が「こうだからこうするとよい」と理屈で説明されれば納得するのに比べて、「感情で納得する」のが女の子です。
「感情」が納得し、満足すれば力を発揮し目の前のことに取り組めるのが女の子であり女性です。

ご主人から「いつもありがとう」と言ってもらえるだけで、日頃の不満が飛んで「また頑張ろう」と思えたりしますよね(笑)

7.お母さんがお手本
女の子は幼い頃から「ミニお母さん」になるのも大きな特徴です。
自分の母親にその世話の焼き方も口調もそっくり同じになってきます。
ですから、いくらお母さんが他人の前で取り繕おうとしても、家での母親の物言いがそのまま娘さんの口調になって表れてしまう訳です。
女の子は同性であるお母さん自身の生き方の影響をダイレクトに受けます。
お母さんが娘さんの人生モデルそのものになるのです。

いかがですか?
「確かに」と思うところがありませんでしたか?

娘は母の分身です。
私も、娘を見ていると自分を振り返って反省することも多々ありました。

娘は、母親が素敵な女性に成長できる良い機会を与えてくれているのかも知れませんね。


次回は「女の子に育てたい2つの力」についてお話します。 お楽しみに!


母親という女性と向き合う ~自分を好きになる~
子育てが楽しくなる勉強会 ~MAMAcafe~

MOTHER CRAM(マザークラム)

お問合せ:06-6131-6104
(受付時間:平日9:00~18:00)
MOTHER CRAMホームページ

この記事を書いたプロ

渋谷亜佐子

渋谷亜佐子(しぶやあさこ)

渋谷亜佐子プロのその他のコンテンツ

Share

渋谷亜佐子のソーシャルメディア

rss
小学校受験を成功させる親の子育てとは
2018-08-12
facebook
Facebook

渋谷亜佐子プロのその他のコンテンツ