まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
渋谷亜佐子

「母親力」を高めるプロ

渋谷亜佐子(しぶやあさこ)

MOTHER CRAM(マザークラム)

コラム

幼児期の男の子の特性を知りましょう ~その2~

家庭教育

2017年12月10日

こんにちは! 家庭教育コンサルタント・マナー講師の渋谷です。

前回に引き続き
男の子の特性についてのお話です。
女性であるお母さんにとって、異性である男の子の行動や言動は
なかなか理解し難いことがありますね。

でもそんな男の子の特性を理解した上で息子さんと接すると
今までと違った視点から新たな発見があるかも知れませんよ




男の子の特性

■自立を好む
男の子は本来「自分で何でもやりたい」と自立を好みます。
人のアドバイスなんかちっとも聞こうとせずに、勝手に色んなことをやってしまうので時間がかかります。
女の子のように人に聞いたり手伝ってもらうことを好まない傾向にある男の子は、
人に聞いてやり方を学ぶのではなく、自分で挑戦しては失敗し、そして成功する
これを繰り返して自分の道を切り開いていくものなのです。

大人の男性をみてもそう思いませんか?
私達女性は場所がわからなかったりすると人に聞こうとしますが、男性は自分で調べようとしますよね(笑)

■集中するのが苦手
幼少期の男の子は女の子に比べて集中するのが苦手です。
これは男の子が集中できないということではありません。
男の子は女の子のようにマルチタスク(複数のことを同時にこなす)が苦手なのです。
言ってみれば、男の子は自分に興味のあることにしか集中しないということです。

男の子はもともと一度に一つのことにしか集中できない脳の特性があります。
これは「狩猟脳」と言われており、獲物を狙って狩りをする上で必要な集中力が発達したと言われています。
ですから、男の子はひとたび興味を持つと、そのことに対して徹底的に極めようとします。

■触感でものを認知する
男の子は興味のあるものを見つけたら、まず触ってみたいという衝動性があります。
男の子は触感でものを認知するのです。
そして手触りや色合いを楽しむだけでは満足せず、気に入ったものは集めたくなるのです。
男の子は「収集すること」で自分の世界をつくります。
この「こだわる・集める」は男の子の成長にとても大切です。
お母さんからすると、訳の分からないものを収集していたりしますが、けっしてやめさせるようなことはせず
とことん気の済むまでやらせてあげましょう。
大人でもコレクターになるのは女性より男性の方が圧倒的に多いですよね。

■男の子は甘えん坊
男の子は女の子より「甘えん坊」です。
だからこそ、幼少期の男の子にはたくさんのスキンシップが必要です。
時期の差はありますが、お母さんとたくさんスキンシップをしてきた男の子は早く自立するといわれています。
男の子はお母さんからの十分な愛情がないと成長の一歩を踏み出せない事を心得ておきましょう。


いかかですか?
男の子の特性を知ると、「あ~なるほどね」と思うことがありませんか?
男の子に対する見方が変わると、また新たな息子さんの可愛らしさが発見できるかもしれませんね。

子育て勉強会MAMAcafeを開催しています

MOTHER CRAM(マザークラム)

お問合せ:06-6131-6104
(受付時間:平日9:00~18:00)
MOTHER CRAMホームページ

この記事を書いたプロ

渋谷亜佐子

渋谷亜佐子(しぶやあさこ)

渋谷亜佐子プロのその他のコンテンツ

Share

渋谷亜佐子のソーシャルメディア

rss
小学校受験を成功させる親の子育てとは
2018-08-12
facebook
Facebook

渋谷亜佐子プロのその他のコンテンツ