まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
小堀將三

充実したマンションライフを支えるプロ

小堀將三(こぼりしょうぞう)

マンション管理士事務所JU

小堀將三プロのご紹介

充実した住環境と十分な管理体制づくりをお手伝い(3/3)

豊富な経験でアドバイス

組合によるマンション管理の大切さを知ってほしい

 マンション管理士は2001年の「マンション管理適正化法」施行に伴って誕生した国家資格ですが、まだ業として登録している人数は少なく、認知度も低いのが現状です。小堀さん自身、試験に合格後は東京に通って実務研修を積んだそうです。

 「日本の人口が減っているにもかかわらず、マンションは今もどんどん建設され、一方で大規模修繕工事もされないまま老朽化している物件も増えています。高齢化や若者の車離れを考慮せずに、駐車場を全戸完備して収入を修繕積立金ではなく管理費に充てているマンションが多く、いずれ管理費不足の問題に直面するのは明らか。関西にももっと、マンション管理士を増やさないと」。強い危機感を抱く小堀さん。実績を積み、いずれは関西で管理士を目指す人の受け皿にもなりたいと語ります。

 一般の方へも広く存在を知ってもらおうと、セミナーの開催や参加にも積極的。少しずつながら、購入予定者向けにセミナーを設ける分譲会社も出始めており、小堀さんも「家を売る前にきちんと管理の大事さを説明しておけば、あとあと問題は少なくなる」と、こうした動きを歓迎します。

 ついの住み家が一戸建てだった時代は変わりつつあり、晩年は都心の便利なマンションで、という人が増えています。ただ、戸建てもマンションも、住む人自身が管理に責任を持つべきであることは同じ。将来慌てずに済むように、少しでも分からないことがあれば、小堀さんに相談してみてはいかがでしょう。
 
(取材年月:2016年12月)

3

小堀將三プロのその他のコンテンツ

Share

小堀將三プロのその他のコンテンツ