マイベストプロ大阪
待谷忠孝

ニッチな市場へアプローチする差別化戦略コンサルタント

待谷忠孝(まちたにあつよし) / 経営コンサルタント

AM Consulting

待谷忠孝プロのご紹介

競合との差別化に特化して収益性を高める経営戦略を提案(1/3)

ニッチな市場へアプローチする差別化戦略コンサルタント 待谷忠孝さん

ニッチマーケットへアプローチすることで高収益化を目指す

 「実は私はコンサルタントになる前は、デザイナーとしてプロモーション立案や広告制作をしていたんです。でもビジュアルからだけというアプローチに限界を感じてしまって」そんな言葉を紡ぐように実直に話し始めた「差別化戦略コンサルタント」の待谷 忠孝さん。

 十数年に渡りデザインの現場にいた待谷さんは、今までの経歴とは大きく畑の違う中小企業診断士の資格を取得することを決意しました。それはデザイナーとして関わってきた企業が工夫を凝らして、いいものを作り、いいサービスを提供していても利益が出ないという現実を見てきたから。

 「競合が多い市場で競争をしている以上、やがてサービスや製品がコモディティ化してしまい、価格競争になってしまう。これはどんなに画期的な商品でも、性能の高い商品でも同じです」。そんな事態を巧妙に避けるための差別化戦略の重要度は今後、中小企業にとっても欠かせないものになってくると語る待谷さん。

 「中小企業にとっては競合に勝つために宣伝広告費をかけることができません。さらにダンピングしての消耗戦ももってのほか」と真摯に語る待谷さんが打ち出す打開策とは、どんなものなのか。

 競合の多い市場で販売促進やプロモーションでの一時的な売上増進策ではなく、市場を細分化して競合のいないニッチな市場を創出し、付加価値を集中して提供することでブレイクスルーへの道を探るのが待谷さんのスタンス。そこで重要になってくるのが市場に対して競合との違いをステークホルダーにきちんと伝えること。元デザイナーならではのデザインの全体最適化という考え方を生かしながら待谷さんは戦略を練っていきます。

Share

待谷忠孝プロのコンテンツ