マイベストプロ大阪
待谷忠孝

ニッチな市場へアプローチする差別化戦略コンサルタント

待谷忠孝(まちたにあつよし) / 経営コンサルタント

AM Consulting

コラム一覧:経営戦略

RSS

【ブログを更新しました】戦略のサイズ感

2019-09-21

アカデミックの世界で経営戦略の権威と言えば、やはりマイケル・ポーターでしょうか。同様にマーケティングと言えば、フィリップコトラーの名前が一番に上がると思われます。他にも多くの学者・研究者がそれぞ...

差別化のヒント

2019-09-04

競合と差別化するにあたって、差別化された経営資源(人・ノウハウ)がない、あるいは差別化されていると言えるほどのものではないとお考えの経営者様もいらっしゃるかと思います。しかし、差別化とは経営資源...

商品が顧客から選ばれる基準

2019-08-10

たくさんある商品の中で、自社の商品を選んでほしい。どなたも思われることでしょう。では、複数の選択肢の中から、顧客がいずれかを選ぶ際に、選ぶ基準となるものは何だと思いますか?………………答えは「相...

VRIO分析

2019-07-27

新たに起業する、あるいは新規事業を行う際には、実績がある競合に対して、後発は不利な状況で事業をスタートすることになります。そのため、事業をできるだけスムーズにスタートさせるためには、既存の事業者と...

士業の差別化

2019-07-21

中小企業診断士以外の士業には独占業務があります。しかし、独占業務があれば食べていける、独占業務をやっていれば儲かるということではありません。例えば、○○士であれば誰でも問題なくこなせる、誰でもやっ...

今後成長が期待できる市場への参入リスク

2019-07-14

今後成長が期待できる市場に参入しようと考えている中小企業の経営者様もいらっしゃるかと思います。確かに、企業の成長において、時流をうまく掴むということは重要なことです。しかし、成長が期待できる市場...

中小企業は専門特化しましょう

2019-06-16

 宣伝や販促の前に必要なこと もっと売上を上げたい、多くの中小企業の経営者様が考えていらっしゃるかと思います。売上アップというと、効果的なSNSの使い方は?最新のweb活用法は?どんな販促手法がある?...

この専門家が書いたJIJICO記事

品質相応の価格で販売出来ないことが引き起こす悪影響を考える

品質相応の価格で販売出来ないことが引き起こす悪影響を考える

2019-07-02

品質の良い商品には相応の開発コストや製造コストがかかっており、必然的に価格は高くなるはずですが、最近では安く提供されるケースも増えています。良い品が安く提供されるのは買い手にとっては良いことですが、果たして良いことばかりなのでしょうか?

中小企業は儲かる市場を狙ってはいけない

中小企業は儲かる市場を狙ってはいけない

2019-06-21

規模の大きな市場や成長市場に参入したいとお考えの経営者様も多いのではないでしょうか。しかし、それらが中小企業にとって理想の市場とは限りません。では、どういった市場が中小企業にとって適切でしょうか?

待谷忠孝プロのコンテンツ