マイベストプロ大阪
  1. 【仲人が伝える婚活の現実】 「押し」vs「誠実」結婚にたどり着けるのはどっち?
原敦子

幸せな結婚へと導く仲人の専門家

原敦子(はらあつこ) / 結婚コンサルタント

日本仲人協会 大淀支部 結婚相談所 マリアージ・グリーンフィールド

コラム

【仲人が伝える婚活の現実】 「押し」vs「誠実」結婚にたどり着けるのはどっち?

2020年8月1日

テーマ:1年以上婚活しているがうまくいかない人へ

コラムカテゴリ:冠婚葬祭

コラムキーワード: お見合い婚活マッチング言葉遣い マナー

お見合いは結婚を前提とした出会いですので、交際に発展した方達はお互いの距離を埋めるべく、デートや食事など2人の時間を増やして この人と将来うまくやっていけるのかどうか、お互いのフィーリングだけでなく、色々話合うことで価値観など、色々検討していく事になると思います、もちろんそんな数値的なものより、相手のことを思う気持ちが大切なのはいうまでもありませんが、お互いの気持ちとは裏腹にうまくかみ合わない事だってあるのです。

一般的に男性は交際に入ると、デートや食事の予定をどんどん入れてガンガン距離を詰めてくる人が多いのですが、女性からすると嬉しい反面、少し引くというか、人によっては怖いと感じる方もいらっしゃいます。 男性が婚活で失敗しがちなパターンの代表だと思います。 女性の信頼を得るには、誠実な対応が一番だと思います、信頼関係のある人からなら、多少強引な予定でも許せてしまうかもしれません。  

しかし、この「誠実な対応」が裏目に出てしまう男性もまれにいらっしゃいます。 交際に入ってもなかなか進展しないパターンに多いのですが、男性からは確かに誠実で紳士的な対応をしていても、女性からすると、どこか距離を感じてしまう場合もあります。 交際に入ってから何回デートをかさねても、2人の将来的な話も何もなく、結婚を見据えた交際というよりは知り合いと会っているだけのようだと言われてしまうケースもあります。

男性にも考えがあるかと思うのですが、相手に気があるのなら、その意志だけはしっかり、ハッキリ伝えておくべきです!
「僕はあなたに決めているので、あなたがその気になるまで待ちます」と伝えてあげるのも良いのではないでしょうか、女性も安心して前向きにお付き合いが出来ると思います。

婚活では別の相手からお見合いの申込みが来る事だって多々あります。相手は自分だけはないのです。
早く結婚したい人達が多いのですから、その気がないと思われたら、長い交際は時間の無駄と考えて当然なのですから、後悔しない様に、自分の気持ちはしっかり相手に伝えておく事が、交際を進展させていくうえで、もっとも重要なことなのです。


原 敦子の結婚相談所 「マリアージグリーンフィールド」のHP
1年以上婚活しているがうまくいかない人の為の記事はコチラ

この記事を書いたプロ

原敦子

幸せな結婚へと導く仲人の専門家

原敦子(日本仲人協会 大淀支部 結婚相談所 マリアージ・グリーンフィールド)

Share

関連するコラム