マイベストプロ大阪
  1. 【仲人が伝える婚活の現実】 お見合いで「運命の出会い」は有るのか?
原敦子

幸せな結婚へと導く仲人の専門家

原敦子(はらあつこ) / 結婚コンサルタント

日本仲人協会 大淀支部 結婚相談所 マリアージ・グリーンフィールド

お電話での
お問い合わせ
090-2068-8252

コラム

【仲人が伝える婚活の現実】 お見合いで「運命の出会い」は有るのか?

2020年2月16日

テーマ:お見合い実践/実録

コラムカテゴリ:冠婚葬祭

コラムキーワード: お見合い婚活マッチングプロフィール写真

結婚相談所に入会をして婚活を始めると、いろいろな人からお見合いのお申し込みが来ます。
そして、いろいろな人が自分に興味を持ってくれているのだとわかると同時に「何故自分を選んだのだろうか?」そんな疑問も出てきます。
気になるお相手はプロフィールを見て推測してみたりもしますが、間違った憶測から、せっかくのお申し込みを受けずに、「会わない」という選択をしてしまう場合もあります。 
これは条件の悪いお相手の場合だけではなく、条件の良い相手の場合でも「お見合いを受けない」という決断をする方が多いのです。

例えば、30代の女性、特別美人という訳ではないが可愛らしい雰囲気の方に、  40代前半、身長もあり、ルックスも服装のセンスもよく、プロフィールに書かれある収入は同年代の男性よりも多いぐらい、そして初婚!。
どうでしょう?あなたが婚活をされていて、こんな男性から「あなたに逢いたい」 とお申し込みが来たら、迷わずOK! だと思うでしょう?
しかしその女性はお見合いを断ってしまうのです。
彼女が気になった部分はどこだったのでしょう?

彼女が気にしていたのは 『未婚』 という部分だったのです。
普通に考えれば、再婚の男性より良いんじゃぁないの?と考えますが彼女は   (これだけ良い条件を持っているのにこの人はどうして今まで結婚していないのだろうか?もしかしたらプロフィールには載っていないが、何か問題が有るのではないだろうか?) と、自分の人生や将来にも関わる事なので慎重になるのも当然です。

お見合い相手のプロフィールに記載してある情報をいろいろ分析してお見合いに望むのはお会いした時に話題に困ってしまわない様に必要だと思うのですが、間違った分析や勝手な思い込みで、せっかくのご縁を台無しにしてしまうのは非常にもったいない事だと思いませんか?

上記の女性も もしかしたら 「酒癖が悪いのでは?」「ギャンブルが過ぎるのか?」「それとも、性格的に人と上手く行かない人なのかも」 といろいろ勝手な設定を付け加えて、今回は見送ろうと決断してしまった様です。

いろいろな不安は有ると思いますが、解決方法は簡単です。その方法とは、 「担当の仲人に不安を伝える」 と言う事です。  仲人は良い条件の方からのお見合いなのに何が問題で受けないのかまでは解からないので、不安に感じている気持ちを伝えて頂ければ、 例えば、お相手の仲人さんに確認してみる等、出来る事も有るのです。

そして一番の解決方法は、お見合いを受けて直接、本人に聞いてみる事です。
お見合いをされていも即交際や結婚になる訳ではないので、少しでも気になるお相手とは積極的にお見合いされて行く事が大事だと思います。 
そして疑問や不安な事は、直接本人に聞いて見れば案外 「仕事に忙しくしていて、これといった出会いも無く、恥ずかしながらこの年まで結婚していないんです。」 と案外普通の人なのだと分かる事も多いと思います。 現実は小説の様にドラマラスではないのです。

恋愛も、映画や小説の様な 「運命の出会い」 なんてのは滅多にないんです。 『一緒にいて安心する』 『落ち着く』 ならそれはベストな相性なのかもしれませんよ。 
そしてお見合いに関係無く、たくさんの人の中から出会えた2人はたとえドラマチックな展開がなくても、間違いなく 『運命の出会い』 で良いなのではないでしょうか。


原 敦子の結婚相談所 「マリアージグリーンフィールド」のHP

その他のお見合い実践/実録のコラム

この記事を書いたプロ

原敦子

幸せな結婚へと導く仲人の専門家

原敦子(日本仲人協会 大淀支部 結婚相談所 マリアージ・グリーンフィールド)

Share

関連するコラム