マイベストプロ大阪
原敦子

幸せな結婚へと導く仲人の専門家

原敦子(はらあつこ) / 結婚コンサルタント

日本仲人協会 大淀支部 結婚相談所 マリアージ・グリーンフィールド

お電話での
お問い合わせ
090-2068-8252

コラム

【仲人が伝える婚活の現実】交際に入る時の注意点

2019年11月9日

テーマ:お見合い実践/実録

コラムカテゴリ:冠婚葬祭

お見合いが無事終了して相手を見送ったら、すぐに担当仲人にご連絡ください。
現場で二人を見送った後、仲人は良い感じに進んだんだろうか?とハラハラしています。
返事が遅いと、気が合って食事にでも行っているのかな? 遅すぎたり、早すぎたりすると、何かトラブルでも!?と心配しています。
お見合いがうまく行って交際希望とお伺いするとすぐに相手仲人にも連絡をします。
 お相手の方からも交際希望の返事が来ると、めでたく交際となります、会員さんに「交際OK!」の返事と一緒に個人の電話番号も連絡します。

ですが、男性側がすぐに連絡を入れない事が多いのです!
女性はすぐ連絡が来るだろうと、待っていたのに1日経っても連絡が来ないとさすがに不安になり、仲人に
「私、本当に交際になってますか?」と尋ねられる事もあります。

男性は、『すぐに連絡入れると、がっついているみたいでカッコ悪い』と言う心理みたいですが、待たされた女性はすっかり冷めてしまい、その後の交際でも悪い面ばかり目立ってしまい、2人の仲も当然うまくいくハズもなく、すぐに交際終了となってしまいます。

「お見合いはOKいただけるが、交際になるとすぐに終了してしまう」と言う男性は心当たりがないでしょうか?
 
交際OKの返事をもらったら、何はさておきとりあえず相手の女性に連絡を入れる事!(あまり遅い時間では無く常識の範囲でお願いします) 女性もこれで一安心です、そしてこの時 何時に連絡入れれば良いか決めると良いです、これは本当に決めた方が良いですよ!
突然の電話は焦ってしまい、伝える事もうまく伝えられず自分の意志が伝わりにくいですし、『何時に電話が掛かって来る』と待っていると、ワクワクドキドキします、何歳だろうとドキドキするんです。
そのドキドキが相手に対するドキドキと思ってしまう(いわゆる"吊り橋効果"ですね)、最初は違ってもそれが真実になる時があるんです。
ですから、『何時に電話します』は必ず決めてください、これが成婚へルートです!!

もう一つ重要なのは、 交際になっても、お相手はアナタの彼女でも彼氏でもありません!
良い知人として、誠実に接して頂きたいのです、誠実な態度と行動がアナタへの信頼と変わっていくのです、 結婚を考えた場合一番重要だと思う項目は『信頼』なのです。
 将来の予定や家族の事等、相手に伝えなければならないと思う事も有ると思いますが、他人の予定を聞いても何も感想無いのが当たり前、信頼している相手からの話だと、はじめて真剣に考える事が出来るんです。
 男性はがっついてるとカッコ悪いと考える反面、将来の事についてはすごくがっついて話してくる方が多いです。そして「真剣に考えてくれない」と言います。
もちろんプロフィールと違うのは言語道断!(親との同居等、結婚生活において重要な要素)、手違いがある話は誠意を持ってすぐに相手に伝得なければなりません、しかし2人の将来の事等は、しっかりとした信頼関係が出来てからです。
20代の若い恋愛と違い、30代・40代の恋愛は『信頼』が重要なのです。

この記事を書いたプロ

原敦子

幸せな結婚へと導く仲人の専門家

原敦子(日本仲人協会 大淀支部 結婚相談所 マリアージ・グリーンフィールド)

Share
関連するコラム