まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
原敦子

幸せな結婚へと導く仲人のプロ

原敦子(はらあつこ)

日本仲人協会 大淀支部 結婚相談所 マリアージ・グリーンフィールド

お電話での
お問い合わせ
090-2068-8252

コラム

婚活の本質

1年以上婚活しているがうまくいかない人へ

2018年6月8日 / 2018年6月9日更新

 婚活と言う言葉が世の中に定着して久しく、みなさんも会話の中で使われると思いますが、もともと婚活と言う言葉は2008年に、刊行された『「婚活」時代』山田 昌弘/白河桃子著の本で登場した言葉です。結婚相手を婚活パーティーやお見合い、結婚相談所や結婚相手情報サービス等を積極的に利用して結婚相手を探す行動を、就職活動の略語「就活」をもじって、「婚活」と表現したのが始まりです。

 「婚活」と言う言葉が生まれる以前からもちろん「婚活」はありました、しかしそれ以前の婚活はどちらかというと受け身的な物です。職場や合コン、誰かが紹介してくれて交際に発展して結婚に至る。
そんなゆるやかな流れが崩壊したのが、バブル期とバブル崩壊です。

 バブル期に浮ついた恋愛やあるいはそんなものに目もくれずに働いた人達、バブル崩壊後に収入の減少とバブルの余韻から抜け出せず、結婚生活に不安を覚えた人達、その後に社会に出た人達も減少し続ける収入に結婚して家庭を持つ事に不安を覚え独身で趣味に埋もれた生活を選ぶ人達も出ました。結婚適齢期の人達が10年20年と足踏みをして独身の男女が社会にあふれてしまった。もはや受動的な結婚なんて当てに出来ない!そんな風潮の中で生まれたのが「婚活」と言う言葉です。

『「婚活」時代』の著書の中でも 「女性たちよ、狩りに出(い)でよ。男性たちよ、自分を磨け」 と言う言葉で語られる様に受け身では結婚出来ない時代に、より積極的に結婚に向けた活動を起こせと強い言葉を使って語られています。 

婚活の本質とは

 「より積極的に婚活せよ」 この事は仲人である私も同じ意見で、結婚相談所の会員の方達には常に「積極的に行動してください」と伝えています。具体的には「お見合いの申し込みばかり続けていても結婚出来ない、自分が申し込むばかりではなく、お見合いしてほしいと申込みされたお見合いもすべて受けてみるべき」 とお伝えしています。

 それは本人が申込む相手は、いわばその人がいだいている理想の結婚相手ばかりだからです。一方お見合いの申込みをして来ている人達は、その人達にとってはアナタが理想のお相手だからなんです。自分の事として考えてください、アナタが結婚して理想的なお相手と家庭を築いている、この先も共に人生を歩める。なんて幸せなんだろうと思いませんか。もしアナタが相手から女神の様に扱われたり、全幅の信頼をえて側にいてくれる。そんなに悪い気はしないはずです。

 婚活時代において積極的に行動しなければ結婚出来ないのも事実ですが、 自分の我ばかり押し付ける のは積極的な活動とはいえません。 理想の相手を見つけるか、理想の人になるか、そんな相手をどう受け止めるか、 同じ人を見ても主観の違いで、どうとらえるかも又人それぞれ変わってくるのです。 だからこそ、自分の主観ばかりの人とお見合いするだけでは、なかなか結婚に至らないのです。
本当の幸せな結婚を望むのならば、多くの人を受け入れてアナタ自身がどうあるべきかを模索する必要があるのです。

原 敦子の結婚相談所 「マリアージグリーンフィールド」のHP

1年以上婚活しているがうまくいかない人の為の記事はコチラ

この記事を書いたプロ

原敦子

原敦子(はらあつこ)

原敦子プロのその他のコンテンツ

Share

原敦子プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
090-2068-8252

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

原敦子

日本仲人協会 大淀支部 結婚相談所 マリアージ・グリーンフィールド

担当原敦子(はらあつこ)

地図・アクセス

原敦子のソーシャルメディア

google-plus
google-plus

原敦子プロのその他のコンテンツ