マイベストプロ大阪
津田麻美恵

本来の美しさを引き出すメイクアップアーティスト

津田麻美恵(つだまみえ) / メイクアップアーティスト

Life 4 Others

コラム

【高校生の保護者さま】子どものためのスキンケア(高校生編)

2021年9月14日

テーマ:子どものためのスキンケア

コラムカテゴリ:美容・健康



こんにちは!
きれいのパーソナルトレーナー mamieです♪

久しぶりの更新となりましたが...
今回は、学年別にスキンケアのポイントをお伝えするシリーズ第三弾!
「高校生のスキンケアで気をつけるポイント」を紹介します。


中学生のスキンケアについてお話した際、
中学生は「思春期」と重なる時期でもあり
心と体に大きな変化が訪れることをお伝えしました。
そういった心の成長に加えて、お肌も本格的な成長が始まるので
お肌の変化に合わせたスキンケアを選ぶことが大切ということもお伝えしました。

それでは、高校生になるとお肌はどのように変化するのでしょうか?
そして、どんなスキンケアを行えばいいのでしょうか?
肌トラブルを軽減し、未来のお肌を育てるために
お肌やスキンケアについて学んでみましょう♪

すぐに効果を求めてしまうと逆効果に

体が大人と同じように成熟していくのと同様に、
お肌もしっかりと成長していきます。
そして、どんどんと成長していくこの時期は、
肌トラブルに悩まされるお子さまも多いようです。

お肌のことですから、
「一刻も早くなんとかしたい!」と感じる方も多いと思いますが、
焦りは禁物です!

スキンケアは「治療ではない」ため
今ある肌トラブルを「治す」ことを目的にしてしまうと
かえって症状を悪化させてしまうことがあります。
まずは、「症状を悪化させないため」のつもりで
始めることが大切です。

また、肌トラブルが出た時には
「その原因がどこにあるのか?」を考えることが大切です。

肌に負担のかかるスキンケアをしていたからでしょうか?
生活習慣が不規則になっていたからでしょうか?
アレルギー反応が起きているのでしょうか?
など...

一口に「肌トラブル」といっても
その原因はたくさんあり、大抵は複数の原因が隠れています。
トラブルがお肌だけなら皮膚科
他にも不調を感じているなら内科への受診も検討してください。
お悩みのヒントが見つかるかもしれません。

あるいは、スキンケアやメイクについて
気軽に相談できるプロに相談するのもおすすめです♪

「思春期ニキビ」はこうしてできる

高校生のお肌悩みで一番多いのは
なんといっても「ニキビ」ではないでしょうか?
この時期のニキビは「思春期ニキビ」とも呼ばれるようです。

では、この「思春期ニキビ」どのようにしてできるのでしょうか?
その仕組みを知れば、スキンケアのヒントにつながります。

①皮脂腺が活発になる

思春期になると、お肌の成長もピークを迎えます。
そんなお肌にとって
最も気をつけなくてはいけないのは「乾燥」。
皮膚は乾燥から身体を守る働きもあり、
「皮脂腺」の発達は乾燥対策の1つです。

皮脂腺から分泌される油分(皮脂)が
汗腺から分泌される汗と混ざり合うことで
「皮脂膜」と呼ばれる天然の保湿膜を作り出します。

この働きのおかげで、私たちのお肌は
多少の乾燥にも耐えることができ、
お肌はその弾力や滑らかさを保つことができるのです。

②ターンオバーの乱れと間違ったスキンケア

ところが、思春期になって皮脂の分泌や
新陳代謝が活発になってくると、
肌の生まれ変わり「ターンオーバー」に乱れが生じやすくなります。

さらに、スキンケアを正しく行えていない状態が続くと
肌表面には古くなった皮脂や角質が溜まり始めます。
そして、毛穴周辺では皮脂やその他の老廃物が
毛穴を塞いでしまうことがあるのです。

③直接の原因は「アクネ菌」ではなく...

ところで、この毛穴にはいわゆる「アクネ菌」と呼ばれる
常在菌(私たちの肌に住み着いている菌)が住んでいます。

この「アクネ菌」の特徴は
・酸素が苦手であること、そして、
・場合によってはお肌に害をなす「日和見菌」であること

酸素が苦手な「アクネ菌」にとって、
毛穴がふさがれてしまうのは活発に活動できるチャンス!
毛穴に溜まった皮脂をエサにして増えていきます。

実は、この「アクネ菌」は普段は私たちの肌表面を
弱酸性に保し、不要な菌の増殖を抑える助けをしてくれます。

ところが、なんらかの原因で毛穴がふさがれ
毛穴の内部に酸素が行き届かなくなると態度は豹変!
過剰に増えた「アクネ菌」が分泌する代謝物の影響で
炎症が起こり、ニキビとして現れるのです。

「アクネ菌」は普段はおとなしいですが、
肌表面の状況によっては外にもなる「日和見菌」の1つです。

スキンケアの基本は変わらない

「ニキビ」に関するスキンケアで重要なことは
「アクネ菌を退治すること」をスキンケアの目的にしないことです。
なぜなら、「アクネ菌」の存在そのものは
私たちの肌が健やかに成長するために必要不可欠。

では、スキンケアを行う時には何を気をつければよいのでしょうか??
答えは、シンプル。
いつも通りの「洗う・補う・守る」を続けることです。

皮脂の量が増えたからといって、洗顔の回数を増やしたり
力任せにゴシゴシとこすってはいませんか?
それでは、肌を傷つけ、乾燥が進み、さらに皮脂が分泌されてしまいます。

焦らず丁寧に洗顔を行い、
しっかり保湿をおこないましょう!
そして、紫外線は肌トラブルを引き起こす原因になります。
紫外線ケアも忘れずに行ってください。

思春期を迎え、皮脂の分泌が増えたりニキビができても、
すぐにスキンケアを大きく変える必要はありません。
その前に、今のスキンケアはどんなことをしているのか?
振り返ることも大切だと思います。

そして、健康な素肌を育てていきたいのであれば、
正しいスキンケアを学んで見ることも検討してはいかがでしょうか?


★☆★------------------------ 今日の一言 ------------------------ ★☆★


        毎日が、スキンケア日和。


☆*:.。★*:.。☆*:.。★*:.。☆*:.。★*:.。☆*:.。


…… ソーシャルメディア ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★ 
Twitter ⇒@Life_for_Others
Instagram ⇒ @life4others
公式LINE ⇒ @life4others
 》登録したら、スタンプで教えてね!

サロン Life 4 Others
 ♪サロン案内サイト - レッスン紹介など
 ♪子どもに伝えたい「きれい」があるサロン
 ♪『見守り保育』で小さなお子さまと通えるサロン

mamietsuda.com
 ♪きれいのパーソナルトレーナーmamieのサイト
 ♪子どもたちの笑顔を増やすための活動紹介
 ♪プレイベートが覗けるブログ
☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事を書いたプロ

津田麻美恵

本来の美しさを引き出すメイクアップアーティスト

津田麻美恵(Life 4 Others)

Share

関連するコラム

津田麻美恵プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
070-2308-0425

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。
メールにてご連絡いただくと助かります。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津田麻美恵

Life 4 Others

担当津田麻美恵(つだまみえ)

地図・アクセス