マイベストプロ大阪
津田麻美恵

本来の美しさを引き出すメイクアップアーティスト

津田麻美恵(つだまみえ) / メイクアップアーティスト

Life 4 Others

コラム

【小学生の保護者さま!】学年別スキンケアのポイント(小学生編)

2021年6月30日 公開 / 2021年7月6日更新

テーマ:子どものためのスキンケア

コラムカテゴリ:出産・子育て・教育

子どものためのスキンケア③-01

こんにちは!
きれいのパーソナルトレーナーmamieです♪

本日のコラムから、
スキンケアのポイントを学年別にお伝えしていきます。

本日は「小学生」のスキンケアについて


まずは「毎日顔を洗う」ことからスタート

新1年生として小学校に入学した子どもたち、
学校生活にも少しずつ慣れてきた頃だと思います。
また、一つ学年が上がった子どもたちも
新しい環境の中で毎日頑張っているのではないでしょうか?

小学生の子どもたち
自分でできることがたくさんあるとは言え、
まだまだ継続的に「同じ調子で」続けることが苦手だったります。
例えば、「宿題が残っている・・・。」と分かっていても
TVやゲーム、大人の会話に気を取られてしまったりします。

そして、それが『子どもらしい姿』でもあります。

だから、スキンケアの第一歩は
『子どもらしさ』『我が子らしさ』を受け止めて
楽しく始めていただきたいと思います。

まずは、大人の方が顔を洗っている様子が見えるように
洗面所のドアを開けておくのがおすすめです。
低学年のお子さまなら、近づいてきて不思議そうに見つめてくるかも知れません。

「真似っこしてみる?」と興味を引き出してあげれたら
手で顔を洗う真似をしたり、
水で洗えるようにサポートしてあげてください。

「きれいになったね〜。」「気持ちいいね。」と声をかけて、
顔をキレイにすることで得られる体や気持ちの
ポジティブな変化を共有してみるのがおすすめです。

くれぐれも!
「まだ、汚れてるよ。」「そんなに濡らしちゃダメじゃない。」なんて
ネガティブな言葉ばかり伝えて終わらないように心がけてください。

そして、何よりも大切なのは・・・

『毎日洗わないとダメだよ』と無理に習慣づけるのはNGです!

子どもにとって、顔を洗うという行為は
【とても面倒くさい】のです。
お風呂や歯磨きも「面倒さくいからイヤ!」と言うことはないでしょうか?

無理強いをすると、余計に反抗したくなるのが子ども心です。

特に、低学年の頃は、多少顔が汚れたままであっても
すぐに肌トラブルになるようなことはありません。


ですから、【本人の興味がある時に洗顔をする】に任せて、
洗顔ができたら「すごい!きれい!じょうず!」と
たくさんポジティブな言葉を伝えてあげてください。

それを繰り返しながら、
お子さま自信が「洗顔をするといいもんだな」と感じるようになり、
いつの間にかバシャバシャと顔を洗うようになっていきます。

その時に、
「こんなに濡らさないでよ〜」と教えてあげてください。

次に、保湿する習慣を

バシャバシャ洗いができるようになったら、
化粧水や乳液といったスキンケア用品を試してみるのがおすすめです。
3、4年生くらいになると、自分の見た目にも興味が湧いてきて
スキンケアにも興味を持ち始めるお子さまもでてくると思います。

そして、スキンケア用品を選ぶ時に注意していただきたいのが、
「子どもの立場で選ぶ」こと!

【すぐに終わる】【感触が長引かない】
ことが重要なポイントです。

洗顔をする時、泡立てるのに時間がかかると
面倒になってしまうというのは、大人の方からもよく伺います。
また、洗顔後に使うスキンケアのアイテム点数が多いと
それもまた面倒に感じてしまう方は多いものです。
「手早く、簡単に」済ませることができるようにしてみましょう。
まずは、「習慣を身につける」ことがしやすいように工夫をしてみてください。

また、塗った時の感触がいつまでも続いているように感じると
お子様によっては不快感につながることがあります。
さっぱりとした使用感のものや、ひんやりと感じるものは使い心地がいいようです。
大人の感覚とは異なる場合もあるので、サンプルがある場合には
ぜひ活用して、お気に入りの感触を見つけてみてくださいね♪

低学年のお子さまの場合は、『顔に塗る』ということに慣れるよう
ベビー用のスキンケアから始めてみるのがオススメです。

また、大人向けのスキンケア商品を使う場合には、注意が必要
です。
目に入ると痛くなったり、口に入ると苦味を感じたり
目や口元には使えない製品もあります。
まだ手先が器用ではない子どもたちに合わせて、
使用方法に注意がいらない商品を選んであげてくださいね。

洗顔料を使うのは慣れてから!

高学年になると、思春期を迎える子どももでてきます。
体がより大人に近づいてくる時期で、
お肌の特徴としては「皮脂腺」の発達がよく見られます。
そのため、ニキビなどの肌トラブルを持ち始める子も出始めます。

肌トラブルの多くは、
「洗顔と保湿」で予防したり、症状を和らげることもできます。
慌てずに、スキンケアを始めていきましょう♪

とは言え、スキンケアの中で一番!難しいのが実は、この「洗顔」です。

「汚れを落とす役割」がある洗顔ですが、
洗顔料やクレンジング剤の選び方はもちろん、
使い方の違いで、お肌の状態が大きく変化してしまいます。
また、お子さまとの「相性」もあるため
洗顔料やクレンジング剤を選ぶことは意外と難しいと言えます。

そのため、洗顔料を使い始めるのは
スキンケアに慣れてきてから挑戦することをおすすめしています。

そして、できれば、スキンケアのプロにサポートしてもらいながら
正しい洗顔方法を身につけていただきたいと、個人的には思っています。

洗顔方法の違いで、
お肌を育てることができるのか、あるいは、
お肌を傷付けてしまうのかが大きく別れるからです。

このように、小学生のスキンケアでは
まず「顔を洗う」という基本に慣れて、習慣づけることからスタートしてみましょう。
ただし、毎日顔を洗わなくても肌トラブルが起きにくい年代でもあるので
「必ずやらないと!」というよりは、水とのふれあいを楽しむようにすると
洗顔に対してプラスの印象が生まれますので、習慣になりやすいと思います。
ぜひ、お試しください♪


★☆★------------------------ 今日の一言 ------------------------ ★☆★


    生活習慣を丁寧に積み上げてみましょう。


☆*:.。★*:.。☆*:.。★*:.。☆*:.。★*:.。☆*:.。


…… ソーシャルメディア ……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★ 
Twitter ⇒@Life_for_Others
Instagram ⇒ @life4others
公式LINE ⇒ @life4others
 》登録したら、スタンプで教えてね!
Facebook ⇒ Facebookページ
stand.fm ⇒ あなたのきれいを育てるradio

サロン Life 4 Others
 ♪サロン案内サイト - レッスン紹介など
 ♪子どもに伝えたい「きれい」があるサロン
 ♪『見守り保育』で小さなお子さまと通えるサロン

mamietsuda.com
 ♪きれいのパーソナルトレーナーmamieのサイト
 ♪子どもたちの笑顔を増やすための活動紹介
 ♪プレイベートが覗けるブログ
☆★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オンラインレッスンもおすすめです

「サロンに行くのは難しい。だけど、専門家から学びたい...。」
オンライン講座「基本が身に付く講座シリーズ」なら
気軽に楽しく『きれいの育て方』を学べます!

初めてのレッスンにもおすすめです♪
こちらからご確認ください
↓↓↓↓↓↓

この記事を書いたプロ

津田麻美恵

本来の美しさを引き出すメイクアップアーティスト

津田麻美恵(Life 4 Others)

Share

関連するコラム

津田麻美恵プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
070-2308-0425

 

不在時は折り返しますのでメッセージを残して下さい。
メールにてご連絡いただくと助かります。

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

津田麻美恵

Life 4 Others

担当津田麻美恵(つだまみえ)

地図・アクセス