マイベストプロ大阪
津田麻美恵

本来の美しさを引き出すメイクアップアーティスト

津田麻美恵(つだまみえ) / メイクアップアーティスト

Life 4 Others

コラム

メイクブラシの選び方(基本編)

2021年3月11日 公開 / 2021年3月30日更新

テーマ:メイクアップアドバイス

コラムカテゴリ:美容・健康

メイクブラシ入門編

こんにちは!
きれいのパーソナルトレーナーmamieです♪

たくさんの種類があるメイクブラシ。
使い方や選び方で悩んだことがあるという方は多いのではないでしょうか?
今回のコラムでは、知っていればきっと役に立つ
メイクブラシの基本情報を紹介しています。

なお、メイクブラシについては
今回のコラムは『入門編』の内容です。

より詳しく解説している、
初級編・中級編・上級編も順番に公開していきますので、
ぜひ、読んでいただければと思います♪
↓↓↓
メイクブラシ(初級編)
メイクブラシの形と使い方(中級編)

これからメイクブラシを使う方はもちろん、
今、メイクブラシを使っているという方も、
メイクブラシ選びやブラシを使う際の参考にしてください♪

また、コラムの最後には「オトナ女性の美容辞典」で公開した
『メイクブラシの基本』動画へのリンクも掲載していますので
そちらもぜひ、チェックしてくださいね!

1)メイクブラシの構造

まずは、メイクブラシの構造を知りましょう。
ブラシの構造や素材について知ることで、
よりご自身に合うブラシ選びができるようになると思います。



①軸:手で持つ部分
この部分には、アルミやプラスチック、木材など
さまざま素材が使われます。
また、軸部分のデザインもブランドごとの特徴が現れます。
軸部分に使われる素材でブラシの価格が大きく変わることはありませんが、
持ち手になる部分ですので、持った時に手に馴染む形や素材を選ぶと
より快適にメイクができるので、仕上がりも変わってきます。

②金口:軸と穂をつなぐ部分
持ち手と毛束の穂を繋ぎ止める部分です。
ブラシによっては、この金口がないブラシもあります。
素材もさまざまですが、加工しやすく丈夫な金属がよく使われています。

③穂:毛束の部分
ブラシの命とも言える毛束の部分は「穂」と呼ばれます。
穂に使われる素材は、人工の合成繊維と天然毛に分けられます。
どちらの素材の特徴を理解して選ぶことで、
使い心地はもちろん、メイクの仕上がりも変わってきます。

2)穂に使われる素材の違い

それでは、穂に使われる素材の違いを比べてみましょう。

<人工毛>
合成繊維を使って作られています。
動物愛護や経済的な観点から、最近では、好んで使われるようになりました。
また、加工技術が進んだおかげで、
肌触りも天然毛と変わらない柔らかなものが増えてきました。

とは言え、天然毛と違い、
人工毛には「キューティクル」が存在しません。
そのため、パウダー状のコスメを使った
微妙な表現をするのは苦手な素材です。

クリーム状やリキッド状のコスメとは相性が良く、
またお手入れも簡単にできるので
初めてのメイクブラシにはおすすめの素材です。

<天然毛>
ウマやリスといった動物の毛を使って作られます。
天然毛は毛先に向かって細くなり、
さらにその先は一段と細い「毛先」が存在しています。
この毛先の状態で、肌あたりやメイクの仕上がりは大きく左右されます。

また、天然毛には「キューティクル」が存在しています。
毛は、死んだ細胞が折り重なりながら作られていき、3層構造をしています。
キューティクルは毛の一番外側の構造でタンパク質で作られています。
天然毛で作られたメイクブラシは、
この重なり合ったキューティクルの間にメイク成分(顔料など)を含ませて、
少しずつお肌の上に乗せることができるのです。

このキューティクルがあるおかげで、
天然毛のブラシは繊細な表現がとても得意です。
また、パウダー状のコスメとの相性が非常に良いことも特徴です。

ただし、定期的に正しくお手入れをしないと
キューティクルの状態が悪くなってしまいます。
そうなると、肌あたりが刺激的になったり、
メイクの仕上がりが思うようにいかない原因にもなります。

そういった点では、メイクに慣れている方向けの素材と言えます。

ちなみに、天然毛を使ったブラシには
「メイクブラシ」という呼ばれるもの以外に「化粧筆」と呼ばれる物があります。

実は、これにも違いがあり、
「ブラシ」と呼ばれるものは、穂の形を整える際に「毛先がカットされている」のです。
反対に、「筆」は「毛先を残したまま」穂の形を整えています。
そのため、天然毛と言っても、毛先の有無で
肌あたりやメイクの仕上がりが変わりますので、毛先の状態を確認することが必要です。
なお、海外ブランドのブラシはこの違いには当てはまらず、
全て「ブラシ」と呼ばれます。

3)メイクブラシのお手入れと保管方法

メイクブラシは、比較的手頃な値段の物も多くありますが、
天然毛を使ったブラシはそれなりの価格のものも多くあります。
せっかく買ったブラシですから、きちんとお手入れをして
長く大切に使いたいものですよね。

そこで、メイクブラシを長く使うために欠かせない
お手入れ方法と保管方法について説明します。


①毎日のお手入れ(人工毛・天然毛共通)
ブラシを使ったあとは、
ティッシュで毛先の汚れを落としてから保管してください。
クリームやリキッド状のコスメを使った場合には、
コスメが固まると、次に使いにくくなるので
ウエットテッシュなどを使って丁寧に汚れを拭き取りましょう。

また、汚れを落とす際は、毛を痛めないように注意が必要です。
ティッシュに押し付けて汚れを取るのではなく、
穂の表面を「一定方向で」優しくなでるようにしましょう。

②週一回のブラシクリーニングでブラシを清潔に保つ
<人工毛>
人工毛で作られたブラシのお手入れは比較的簡単です。
中性洗剤を少量溶かして、毛先の汚れを洗い落としましょう。
水気を切ったら、横に寝かせてしっかり乾燥させます。
あるいは、ブラシクリーナーを使うことも可能です。

<天然毛>
専用の「ブラシクリーナー」を使用しましょう。
汚れを素早く落とすだけでなく、
トリートメント成分が配合されているので、
毛の状態をできるだけ良い状態に保ち、
ブラシを長く使うことにつながります。
汚れを落としたら、余分なクリーナー成分を拭き取り
横に寝かせて乾燥させます。


そして、メイクブラシのお手入れで一番大切なこと…

金口と軸の継ぎ目は絶対に濡らさない!!

この部分が濡れてしまうと、ブラシの内部に水が侵入していきます。
そうなると、緩みが生じて使いにくくなったり、
軸の素材によっては腐ってブラシが壊れてしまうこともあります。

ブラシの取り扱いが不安な方は、
金口が長めに作られているデザインのブラシもおすすめです。
あなたにぴったりのブラシを見つけて、
末長くきれいを楽しんでくださいね!




★☆★------------------- 今日の一言 ------------------------★☆★


 金口と軸の継ぎ目は絶対に濡らさない!!


☆*:.。★*:.。☆*:.。★*:.。☆*:.。★*:.。


★☆ …… ソーシャルメディア …… ☆★ 
 あなたのきれいを育てるヒントをお届けします♪
 ぜひ、フォローしてくださいね!!
 https://instabio.cc/life4others
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Facebook ⇒ Facebookページ
Twitter ⇒@Life_for_Others
Instagram ⇒ @life4others
YouTube ⇒ オトナ女性の美容辞典
stand.fm ⇒ あなたのきれいを育てるradio

☆きれいのことで迷ったら、お気軽にお問い合わせください☆


★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・・・『きれいのヒント』をもっと知るなら・・・

個人のお客様向け
個人のお客様を中心に
スキンケアとメイクアップのレッスンをおこなっております。
 ♪スキンケアとメイクアップを正しく学ぶ
 ♪きれいの力で自己肯定感を育てる

法人・団体様向け
ビジネスパーソン向けのセミナーやワークショップをご提案。
 ♪ビジネスにふさわしい身だしなみを学ぶ
 ♪「見た目」の力をビジネスに生かす

きれいのパーソナルトレーナーmamie
きれいのパーソナルトレーナーmamieの活動をまとめたサイトです。
自己肯定感を育てるための、さまざまな取り組みもこちらで紹介しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

この記事を書いたプロ

津田麻美恵

本来の美しさを引き出すメイクアップアーティスト

津田麻美恵(Life 4 Others)

Share

関連するコラム