まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
岡崎直人

価値観への気づきを与える婚活のプロ

岡崎直人(おかざきなおと)

結婚相談所♡さかいレジェンデ

お電話での
お問い合わせ
072-276-1122

コラム

○婚活応援編(話題提供= 食物アレルギー対応食品届く 米在住日本人女性奮闘)○

レジェンデ日記

2011年5月22日 / 2014年5月23日更新

いつもご覧いただきまして、ありがとうございます。


婚活中のみなさん、お見合いや交際時の会話の空白を
埋める話題として使ってください。
婚活初心者のみなさんには、ご希望に応じてお見合いや
交際について、無料レクチャーします。お問合せください。



レジェンデでは、プロフィール登録後もマンツーマンで
「うまくいくお見合い」
「相手を見極める交際」
などを、みなさんにアドバイスしております。
また、模擬お見合いや模擬交際などの実践的なことを
楽しみながら行っており、クライアントさんからは
好評です。



このコラムをご覧いただいた方で、お見合いする方や
これから交際を始められる方への話題提供です。
東北関連の記事を中心に、大きく報道されていないこと
をみなさんに知っていただきたい、という思いと同時に
婚活にも力をいれていただきたく思っております。



婚活中の方、そうでない方も・・・
私たちが足元を固めて、東北への「自分たちができること」
につなげていただければ幸いです。



そして、婚活ができる幸せも感じてください。

---------------------------------------------------------------------


食物アレルギー対応食品届く 米在住日本人女性奮闘

KOL net より











東日本大震災の被災地で暮らす食物アレルギーがある



子どもたちを支援しようと、米国からアレルギー対応食品



の援助物資の第1便が19日、仙台市内に到着した。



支援は、米国在住の日本人女性の奮闘で実現した。



近く、被災地に届けられる。



空輸で届いたのは、クッキーやシリアルバーなど十数種類



のお菓子約1トン。発案したのは、ニュージャージー州



在住の主婦宇都木理美さん(45)=東京都出身=。



長男(7)に重い食物アレルギーがある。


「避難先に食べられる物があるかどうかなど、被災地の

 子どもの状況や親の不安を考えたら、同じアレルギーの

 子を持つ親として、居ても立ってもいられなくなった」



と話す宇都木さん。震災2日後から米国のアレルギー対応



食品の会社に働き掛け、



「エンジョイライフ」

「ルーシーズ」

「ホームフリー」



の3社が協力を申し出た。輸送会社の協力も得て、日本



まで無償で届けられることになった。




国内での配布は、東京のNPO「セカンドハーベスト・



ジャパン」を通じ、仙台市青葉区のアレルギー対応食品



専門店「ヘルシーハット」が担当することになった。



同店は現在、アレルギー対応食品を被災地に届ける活動を



している。




スタッフが手分けして日本語の成分表示シールを貼り



付け、週明けにも岩手、宮城、福島3県の自治体や



グループ、個人に届ける。



米国からの物資は第3便まで届く予定という。




アレルギーの子を持つ親の会「あっぷるんるんくらぶ」



代表も務めるヘルシーハットの三田久美社長(56)は



「アレルギーの子を持つ1人の母親の思いが、国を超えて

 支援を実現させた。お菓子と一緒に、協力してくれた

 米国の皆さんの思いを家族に届け、子どもが笑顔に

 なれるようにしたい」



と話している。




している。

この記事を書いたプロ

岡崎直人

岡崎直人(おかざきなおと)

岡崎直人プロのその他のコンテンツ

Share