まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
岡崎直人

価値観への気づきを与える婚活のプロ

岡崎直人(おかざきなおと)

結婚相談所♡さかいレジェンデ

お電話での
お問い合わせ
072-276-1122

コラム

●心に残る、つぶやき・・・●

2011年3月30日 / 2014年5月23日更新





来る時に電車で聞いたおばあちゃんの会話。


「警察が電気足りないから灯り消せって」


「私たちは御国のために電気消して過ごす


 のは慣れてるのよ。今回は頭の上に爆弾


 降ってくるわけじゃないんだもの、喜んで


 消すわよね」


周囲の人々一瞬しん・・・となる。


涙が出そうになった。



@tabletalkcafe






石巻市で、被害の状況を報道するために訪れてた


スタッフたちを大声で呼ぶ女の子がいたそうです。


救助を求めているのかなと思いながら近付くと、


避難されていた方々が


「皆さんも大変だからコーヒーをどうぞ」


と、コーヒーをご馳走してくれたそうです。


自分たちのことで精一杯のはずなのに。


日本人て素晴らしいね。



@command_s






今日、考えていました。


日本が元気になるキーポイントは「さくら」じゃないかって。


援助物資を、義援金を、そして気持ちを、


南から北に「さくら前線」が元気を運んでくれそうな、


そんな気がします。さくら前線、ただいま準備中!


北へ届け、さくら前線。



@matsuo.hatanaka






中三の少年と父が自転車で、知り合いたちの安否確認のために


移動していた。たぶん震災前は、少年も父に繰り返し反抗して


いたのだろう。だが、父は父として力強く、少年は、そんな父


を慕っていた。苦難の中では大人の経験が頼りになる。


被災地に父よ、母よ。子どもたちに未来を引き継いで欲しい。



@momoikazuma






「大丈夫」の漢字には人が3人集まってるから


安心を感じる言葉なんだって



@373ccho






家の非常袋を確認したら、父親が40年前に書いたメッセージが


残っていた。


「心に太陽をもて 口びるにうたをもて」


ー私も新しい非常袋にメッセージを書こう。


見た人が励まされるような。



@ritz29






いつか自分の子どもや孫に話そう。


「おばあちゃんが若かった時、東日本大震災があって


 世界中が一つになった。皆が一つのために必死に


 なって支えあって輝いていたんだよ」って。


相手が聞き飽きるまで話そう。


だから一人でも多くに人に元気になってほしい。



@lovkayo21






ぜんぜん眠っていないであろう旦那に、


「大丈夫?無理しないで。」とメールしたら、


「自衛隊なめんなよ。今無理しないでいつ無理


 するんだ?言葉に気をつけろ。」と返事が。


彼らはタフだ。肉体も、精神も。



@yoshimicov






今日5歳の息子に言われました。


「大丈夫だよ、ママ。地震が来たら頭守ってね。


 地震が終わったら外にママ連れてじいちゃんとこ


 行くからね」


小さい体で守ってくれようとする息子に涙が出ました。


子どもの大丈夫って言葉がこんなに大きいと思わなかった。


ありがとう。



@mihotan1101






個人商店で「困ったときはお互い様セール」やってた。


日用品とかが安くなってんの。日頃から値下げしまくって


ギリギリ運営だったくせに・・・!


ほとんど儲け出ないと思われる数字の値札を貼りながら


にこにこ笑うおばさんに感動した。



@lawolla635






イスラエル人にヘブライ語で声を掛けられた。困って


いたら知り合いのパレスチナ人が通りすがり、通訳


してくれた。


「日本は大丈夫か?僕は深く祈るから」と言ってくれた。


パレスチナ人とイスラエル人が握手してる笑顔に包まれた。


涙が出た。



@malines chico






子どもがお菓子を持ってレジに並んでいたけれど、


順番が近くなり、レジを見て考え込み、レジ横にあった


募金箱にお金を入れて、お菓子を棚に戻して出て行き


ました。店員さんがその子どもの背中に向けてかけた


「ありがとうございます」


という声が、震えてました。



@matsugen

この記事を書いたプロ

岡崎直人

岡崎直人(おかざきなおと)

岡崎直人プロのその他のコンテンツ

Share