まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
葛西久仁子

人材を人財へ開花させるプロ

葛西久仁子(かさいくにこ)

株式会社 K.BLOOM

お電話での
お問い合わせ
06-6337-8054

コラム

8.部下を開花させるには、『WHY』『WHAT』『HOW』が必要です

こんにちは、葛西久仁子でございます

上司に教えてもらったことが少なかったからと
ご自分も部下への指導が疎かであってはなりません

愛をこめ時間をかけて大切に育てれば
必ずや部下も開花いたします


8.部下を開花させるには、『WHY』『WHAT』『HOW』が必要です

  
人を育てるには時間と根気が必要です。
土を耕し、栄養を与え、水をやり、光を与えて初めて実る植物と同じです。

人を育てる、すなわち職場においては指導ですが、
指導とは、『指し示して導くこと』です。

期待像、教育目標へ効果的、効率的にリードすることです。
部下が理解し、行動し、成果を上げてこそ指導です。

そのためには、トップダウンで「これをしなさい」ではなく、

WHY……この仕事はなぜ重要なのか(重要度、緊急度)、
WHAT……何の仕事か(期待する成果は)、
HOW……どのようにやるのか(ポイントは)、

などを具体的に指導します。



それを理解させた上で、この仕事を達成したいと思わせることです。
具体的には、この仕事は何のためにやっているのか、
何を、いつまでに、どのように、どれだけ、
どのレベルまでになりたいのかと。

達成の思いが強ければ強いほど、成果も上がっていきます。

一説では、植物も、「きれいに咲いてね」と言葉をかけ続けると、
一段ときれいに咲いてくれると言うように、
人を人財へと開花させるためには、具体的に導いてあげることが必要なのです。

この記事を書いたプロ

葛西久仁子

葛西久仁子(かさいくにこ)

葛西久仁子プロのその他のコンテンツ

Share

葛西久仁子プロのその他のコンテンツ