まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
松田康

障害年金受給を実現するプロ

松田康(まつだやすし)

かなみ社会保険労務士・行政書士事務所

お電話での
お問い合わせ
072-741-7670

松田康プロのコラム一覧

双極性感情障害(躁うつ病)で日常生活や労働に支障が出ている場合には障害年金を受給できる可能性があります。ここでは、障害年金を請求するための注意点について解説いたします。 双極性感情障害(躁うつ病)で障害年金を受給できる程度 双極性感情障害(躁うつ病)で障害年金を受給できる...

うつ病で日常生活や労働に支障が出ている場合には障害年金を受給できる可能性があります。ここでは、障害年金を請求するための注意点について解説いたします。 うつ病で障害年金を受給できる程度 うつ病で障害年金を受給できる程度は、次のようになっています。 障害等級1級 高度の気...

 相談者の状況 Tさん、昭和33年生まれ(59歳)、関節リウマチ 相談者の病歴 29歳頃、手首全体が大きく腫れ、股関節の痛みも生じるようになり、仕事に支障がでるようになった。会社の上司に相談したところ、病院への受診を勧められ、関節リウマチの初診となった。以降、通...

 相談者の状況 Rさん、昭和43年7月生まれ てんかん発作年金加入歴 昭和59年3月(16歳)~昭和62年5月(19歳)まで厚生年金 以降、国民年金 相談者の病歴 17歳時(昭和60年) 仕事中に発作 A病院に救急搬送され、通院が始まる。平成6年 転居によりB病...

 相談者の状況 Tさん、45歳男性 ステロイド大量投与による右大腿骨骨頭壊死年金加入履歴 初診から請求時まで厚生年金に加入平成28年9月 障害厚生年金請求 相談者の病歴 平成25年8月 急性リンパ性白血病との診断を受ける(白血病の初診)平成25年8月 治療の...

 相談者の状況 Kさん、59歳男性 脳梗塞の後遺症(右片麻痺 言語機能の障害)家族構成:妻と子(大学生 高校生)の4人家族 相談者の病歴 平成26年12月 脳梗塞により救急搬送約半年間リハビリを行ったが、右片重度麻痺と言語機能の障害が残る。平成27年6月 症...

 相談者の状況 Aさん、40代女性 双極性感情障害家族構成:夫と子(大学生)の3人家族 相談者の病歴 15歳頃、母親との関係が悪化し、慢性的な頭痛が続いていた。市販の頭痛薬を服用しても一向に良くならず、父親に連れられて自宅近くの診療所を受診(初診)18歳時、...

障害年金の請求で必要になる病歴・就労状況等申立書は、「障害により日常生活にどれほどの支障が出ているか」を審査側に伝えるための唯一の書類となります。ポイントをしっかりと押さえて丁寧に記入していくことが大切です。 傷病名 診断書に記載されている傷病名を記入します。障害...

薬物療法によってもてんかん発作が続く場合は障害年金の対象となります。ここでは、障害年金を請求するための注意点について解説いたします。 障害年金の制度でのてんかん発作の分類 障害年金の制度では、てんかん発作の分類を以下のように分類しています。(A)意識障害を呈し、状況に...

障害年金の請求はご自分でできる手続きなのか。 社会保険労務士に依頼する必要はあるのか。ここでは、障害年金受給を実現するプロが感じた、「障害年金の請求と社会保険労務士」について書いてみたいと思います。 障害年金の請求は他の行政手続きと同じか 障害年金の請求は他の行政...

軽度・中度・重度の知的障害(精神遅滞)も障害年金の対象となります。ここでは、障害年金を請求するための注意点について解説します。 知的障害(精神遅滞)の初診日は 知的障害(精神遅滞)は、他の疾病とは異なり、先天性または出生後の早い時期に何らかの原因で生じる障害です。そ...

脳梗塞や脳出血で肢体や言語機能に障害が残った場合も障害年金の対象となります。ここでは、障害年金を請求するための注意点について解説します。 障害年金はいつから請求できるのか 障害年金は初診日から起算して1年6か月経った時から請求することができます。しかし、脳梗塞等で肢体に...

腎臓の機能が失われた場合にそれに替わって行うのが人工透析です。人工透析で障害年金を請求するための注意点を解説いたします。 腎不全(人工透析)の原因となった初診日 腎不全(人工透析)で障害年金を請求する場合、初診日を特定することが困難になる場合が多くあります。原因は...

受給している障害年金が更新の際に支給停止となることがあります。障害の状態は変わらないのに、どうして年金が停止となったのか分からないという方も多いかと思います。ここでは、受給している障害年金が支給停止された場合、どのような方法を取ることができるのかについて解説いたします。...

障害者(身体・精神)手帳と障害年金はまったく別の制度なのですが、誤解されていることが多くあります。例えば、「身体障害者手帳の等級が4級だから障害年金は受給できない」「障害者手帳がないから障害年金は受給できない」「療育手帳の等級がB2だから障害年金は受給できない」実は、...

松田康プロのその他のコンテンツ

Share

松田康プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
072-741-7670

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

松田康

かなみ社会保険労務士・行政書士事務所

担当松田康(まつだやすし)

地図・アクセス

松田康のソーシャルメディア

instagram
instagram
facebook
facebook
google-plus
google-plus