まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
三谷康生

M&Aアドバイスのプロ

三谷康生(みたにやすお)

ジャパンM&Aアドバイザー

お電話での
お問い合わせ
06-4706-2400

三谷康生プロのコラム一覧

  先月25日、日経CNBCの番組「昼エクスプレス」ゲストトークにお招きいただき、「M&Aの新潮流」と題し、10分あまり視聴者の皆さまに向けてお話させていただきました。まず、当日の二大トピックスとして、東芝(6502・2部)による東芝メモリ売却について中止の観測が出ていることと、武...

年にない厳しい寒さが続いた今年の冬もようやく終わりを告げ、春がやってきました。今年の桜はあっという間でしたね。同志社大学大学院も、新入生を迎え、また新しい一年が始まります。数多くある講座の中から、履修案内に掲載された「シラバス」に興味を持って、私が担当する「実践M&A」講座で...

 前回に引き続き、同志社大学大学院で私が担当する「実践M&A(企業合併・買収)」講座でお招きし、受講者の共感を得たゲスト講師のお話をいたします。今回は、ファミリービジネスとして行っていた企業グループを父親から引き継ぎ、最終的に廃業を行った経験を生かし、現在は事業再生コンサルタ...

おかげさまで本コラムも3年目を迎えました。これからも、同志社大学大学院で私が担当する「実践M&A」講座でのお話、また、それに限らないM&A(企業合併・買収)にまつわるよもやま話をお届けしてまいります。  「実践M&A」講座では、六つのテーマについてそれぞれの専門家をお呼びし...

あけましておめでとうございます。今年もさまざまな切り口でM&A(企業合併・買収)にまつわるよもやま話をお届けしていきますので楽しく読んでいただければ幸いです。  同志社大学大学院で私が担当する「実践M&A」講座の秋学期後期分は、先月4日に開講しました。本年からは、今出川キャ...

 早いもので、今年も残り1ヶ月を切りました。昨年に引き続きまして、「2017新語・流行語大賞」に絡めまして、一年を振り返りたいと思います。前回取り上げた「人生100年時代」も含めノミネートされた30の言葉から選ばれた大賞は、「インスタ映え」と「忖度」でした。    ということで、今回...

先月、福島大学経済経営学類奥本教授にお招きいただき、ゲスト講師として、ゼミナールの皆さまにお話させていただきました。昨年は、社会人を中心とする大学院生への講義であったので、「実践M&A講座」のダイジェスト版でお話をいたしましたが、今年は、ゼミナール後期第1回目の恒例行事、秋の...

 東日本と西日本で全く様相の異なった夏がようやく終わりを告げ、爽やかな秋がやってきました。芸術の秋、食欲の秋、収穫の秋、そして選挙の秋。皆さんは、秋と言えば何を連想されますか。 学生時代、体育会ゴルフ部に所属していた私にとっては、スポーツの秋、とりわけゴルフの秋です。そう...

  第18回、第19回では、4月8日と9日に放送されたCS放送・日経CNBC「マーケッツのツボ」で私がお話したことと、その経緯を書きました。ほかにもさまざまなテーマが出ましたが、唯一、自分でも歯切れが悪かったと思ったのが、聞き手の岡村友哉キャスターから求められた東芝(6502・2部)に関...

 6月16日、米アマゾン・ドット・コムによる米国食品小売大手のホールフーズ・マーケットの買収が発表されました。欧州など米国外を含めた約500の高級スーパー店舗網を、手許現金の約3分の2の137億ドル(約1兆5000億円)の現金を投じて取得します。  発表した翌日のアマゾンの株価は3%、ちょ...

 3月期決算企業の株主総会が集中する6月最終週の29日、ソレキア(9867・JQ)の株主総会が開催されました。3月末時点で第三位株主のフリージア・マクロス(6343・2部)および同社の会長である佐々木ベジ氏の動向が注目されましたが、予定議案は可決され終了しました。 ソレキアは来年設立6...

 前回の北浜M&A通信では、弁護士の研修会で講演した後に受けたご相談二つを紹介しました。ケース1は、事業を譲渡するにあたって間で話をしていた人が実は全く自分の味方ではなく、結果としてトラブルとなり訴訟沙汰となっているケース。ケース2は、M&A仲介業者に依頼したが、全く相手を紹...

先日、大阪弁護士会の研修会で、「中小企業支援に携わる弁護士が知っておくべきM&Aの基本事項について」と題しまして、200人近くの先生方を相手に講師を務めさせていただきました。大阪弁護士会所属弁護士の4%以上の方に聴講いただけた訳で、大変貴重な機会となりました。  先生方とは、...

 前回は、同志社大学大学院で私が担当する「実践M&A」講座での、ゲスト講師のお話についての受講者による小レポートを紹介し、そこからの気付きを紹介させていただきました。本講座の受講者は、受講登録前に確認できる授業計画と評価基準「シラバス」の定めのとおり、講座を通じた学びを踏まえ...

 前回に引き続き、同志社大学大学院で私が担当する「実践M&A」講座で、M&Aに精通した会計士をゲスト講師に招き、デューデリジェンス(以下「DD」)について受講者と考察したお話です。受講者には、講座を通じてお招きする6人のゲスト講師のお話についてそれぞれ小レポートを書いてもらっ...

三谷康生プロのその他のコンテンツ

Share

三谷康生プロへの
お問い合わせ

マイベストプロを見た
と言うとスムーズです

お電話での
お問い合わせ
06-4706-2400

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

三谷康生

ジャパンM&Aアドバイザー

担当三谷康生(みたにやすお)

地図・アクセス

三谷康生のソーシャルメディア

facebook
facebook

三谷康生プロのその他のコンテンツ