まちの専門家をさがせるWebガイド マイベストプロ大阪
越野泰明

ジュエリーをよみがえらせるプロ

越野泰明(こしのやすあき)

相談できる「宝石屋さん」-箕面のちいさな宝石屋-

お客様の声詳細

参考になった1

ジュエリー

乙女心をよみがえらせていただきました。

2013年9月28日

40代/女性

ご自身の思い出がたくさん詰まったルビーの指輪をリフォームさせていただいた
お客様から約半年後にこのようなメッセージをいただきました。


その節は大変お世話になりました。。

毎日、仕立て直していただいたルビーの指輪をして出勤しています。
(今も、働いてるふりをして職場からこっそりメールしてます・・笑)

わたしのルビー。石も小さいし、よく見ると石の中にうっすら筋が見えるし、
石自体はさほど価値のあるものではありません。まあ、だから20歳そこそこ
で買えたのですけどね(笑)

気づけばデザインが気に入らず、長いこと仕舞いこんでいた指輪。
家の大掃除のついでに、使わなくなった貴金属類を処分しようと仕分けて
見つけたときも「うわ、ダサっ」と即座に処分リスト入りしたのですが、
その後なんとな~く捨てがたくなり、でもこんなダサい指輪持っていたく
ないしで(苦笑)、なんとな~く越野さまのお店にたどり着きました。

お直しに出したときも、なぜ指輪の購入価格より高いリフォーム代金を
かけてまで、この指輪に執着するのか、正直よく分かってませんでした。
終始「なんとな~く」です。。(笑)

お直しから戻って素敵によみがえった姿にテンション上がって毎日身に
つけるようになっても、せっかく素敵になったのだし、身につけないのも
「もったいないから」毎日身につけていた気がします。

でも毎日毎日身につけているうちに、自分がこれを初めて買った時のワク
ワクした気持ちを思い出してきました。たとえるなら、小さな女の子が
お姫様に憧れて、おもちゃの指輪(あ、昔ジュエルリングというキャン
ディーありましたね、あんな感じです・・笑)して喜んでいるというか。
ルビーの指輪はその憧れの頂点だった気がします。
しかし大人になって自分で買っちゃうところがちょっとたくましすぎます
けどね・・(苦笑)

このルビーもそうですが、石は過去からの思い出とか、人々の想いがその
まま宿っているような気がします。不思議とパワーを感じます。。

ルビーは愛の石ですから、わたしにもそろそろいいご縁が来ちゃうよう
な気もしてます!そんなパワーもじわじわ感じてますヨ!!(笑)
(完全にルビー頼みです)

お店のホームページによく載ってる「義母から譲り受けた指輪で婚約指輪を
・・」に憧れを抱く毎日です(笑)

そのうち年下の男の子を捕まえて、越野さんのお店に婚約指輪を仕立てに
伺います(←宣言すると実現するような気がしませんか?・・笑)ので、
それまでどうぞどうぞ末長くお店を続けていてくださいね。

どうもありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

あなたの評価は? 参考になった

投稿はユーザーが依頼をした当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。

越野泰明プロのその他のコンテンツ

Share

越野泰明プロのその他のコンテンツ